文章力の上がる日記の書き方

文章力アップのために、「日記をつけよう」と思っている人もいるかもしれません。
小学生のときから、私たちは日記をつけることをいわれますが、今現在も続けられている人は少ないのではないでしょうか。

日記を続けるには、どうすればいいのか?
日記は本当に文章力アップに効果的なのか?

ここでは、文章力と日記に関してお伝えしています。
日記を始めようと思っている人は、参考にしてください。

日記で文章力は上がる?

日記を付けることで、言語能力はアップするでしょう。
自分の身に起きたこと、考えたこと、感じたことなどを書くことを習慣化していれば、いやがおうでも文章力は増していきます。

文章力アップのためには、質より量のようなところもあり、何も書かずに文章力が上がることはありません。
インプットとアウトプットを繰り返していくうちに、徐々に向上していくというのが一般的でしょう。

日記は、日頃ペンを持つ習慣がない人でもアウトプットできる、最もポピュラーな方法。
小学生ぐらいになれば、だれだって日記を書くことはできます。

まずは、書く習慣をつけましょう。
そして書いていくなかで、より質の高い文章を目指し、レベルアップしていけばいいのです。

日記でおさえておきたい3つのポイント

日記を書く際に、おさえておきたい3つのポイントをお伝えします。

短い文章をきちんと書く

毎日、長い文章を書く必要はありません
書きたいことが思いつかない日もあるでしょう。
日記のハードルを下げるためにも、まずは3行だけでいいから書く、という習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

3行でも難しいと感じる人は、1行でもかまいません。
1行日記でしたら、すきま時間や手帳の空きなどにサッと書くことができます。

書くのが苦手な人が、最初から例文のような日記を書けるはずがありません。
少しずつでかまわないので、続けることを意識しましょう。

時間をしっかり確保する

書くための時間を、確保することも大切です。
必要な時間は人によって違いますが、例えば、「夜10時から10分間は日記を書く時間」とスケジュールに組み込んでしまえば、続けやすくなると思います。

また日記は、「寝る前に書くもの」と思い込んでいる人もいるかもしれませんが、朝に書くのもおすすめ。
朝日記の場合、前日の振り返りもいいですが、今日やりたいことを書き出してみるのもいいでしょう。
やるべきことをToDoリストのように書き出すことで、忘れ物などを減らすこともできます。

慣れたら文章量を増やす

書くのに慣れてきたら、文字量を増やすことを意識してみましょう。
一つのテーマに対して文章量を増やすのが難しかったら、複数のテーマについて書くのもOK。

例えば、仕事について3行書いたら、アフターファイブに起きたことについて3行といった具合です。
しかし、「〇カ月経ったから、5行に増やそう」などと無理に思う必要はありません。
書くことに慣れてきたら、自然と書きたいことがあふれてきて、文章量が増えてくると思います。

頑張って、日記を書く必要はありません。
「書くこと」は本来、楽しい行為であって、決して苦しい思いをするためにするわけではありません。

書きたいことを、書きたいように書く。
日記を始める際は、まずはこのことを意識することが大事だと思います。

日記に慣れたらSNSやブログも挑戦

日記に慣れてきたら、SNSやブログにも挑戦してみましょう。
手書きの日記と異なり、SNSやブログは他者に見せることが前提となります。
「いいね」やコメントが付くとモチベーションも上がりますでしょうし、「あの記事どこにあったっけ……」というときも検索機能を使って簡単に見つけ出せます。

他者に見られると、「非難されたり、炎上したりしたらどうしよう……」という思いがあるかもしれません。
しかし、その緊張感があなたの文章力アップに貢献してくれるはずです。

自分だけしか見ない日記だと、ついいい加減になってしまうきらいもあると思います。
他者に見せることによって、周囲に喜んでもらえる日記を書けるようになるでしょう。

ブログの文章力をアップさせるには

ブログで日記を書くことはハードルが高いと感じている方も、ポイントを掴むことで書きやすくなる可能性があります。

ブログを含め、読みやすい文章の定義の一つ目が、「読んでいてストレスのない文章」です。
こちらの記事では、そうしたストレスのない記事作成のために必要な13のポイントを解説しています。

ブログをはじめてみたいという方は特にこちらを参考にしてみてください。

ブログの文章力をアップさせる方法

日記をつけて、文章力をアップさせよう

文章力アップのために、日記が効果的であることは分かりましたか?
日記を通じて、日常的にアウトプットすることで、「より良く書きたい」という気持ちが湧いて出てくると思います。

エンパシーライティング®では、日記に限らず、自分の文章をより良くしたいという人たち向けにさまざまなツールを提供しています。
文章力は色々な方法で向上させられます。
「日記はちょっと肌に合わない……」という人は、エンパシーライティング®の教材にも注目してみてください。

エンパシーライティング®では、文章を書くのが苦手な人のために、さまざまなツールを提供しています。

普段使いからビジネスシーンまで幅広くご利用いただける6つの文章作成ツールはこちらから
無料で使える「文章作成の恋人」や「コピーライティング超定番ノウハウ」も提供中です。

文章力を向上したい方は、ぜひエンパシーライティング®をチェックしてみてください。

エンパシーライティング®開発者 中野巧が手掛ける文章術が身につく書籍に関しても絶賛発売中

TOP