【人気!オススメ】超速!SNS文章作成ゲーム』詳しくはこちら

コピーライティングの練習にTwitterは向いている?向いている理由と練習方法を解説

「コピーライティングの練習にTwitterは向いている?」
「コピーライティングの最適な練習方法は?」
Web媒体の普及により、私たちにとってさらに身近になったライティング。
読み手にとって読みやすい文章を書くためには、文章の書き方や構成について適切な知識を身につけ、読みやすい文章を書くためのコツを掴む必要があります。

説得力の高いコピーライティングを書くためには、当然練習が必要なわけですが、そのなかでもおすすめはTwitter。
本記事では、コピーライティングにTwitterが向いている理由やほか練習方法を多数紹介していきます。

なぜTwitterがコピーライティングの練習に向いているのか?

まずは、冒頭でも話した「コピーライティングの練習にTwitterが向いている」ことの理由について解説していきます。
主な理由は以下の2つが挙げられます。

  • 文字数制限がある
  • 「いいね」「リプライ」「リツイート」の件数から共感具合が分かる

それぞれ簡単に見ていきましょう。

文字数制限がある

コピーライティングは構成が命。
140字という制限のあるTwitterであれば、必要最低限の構成でいかにわかりやすく訴求するかを試行錯誤できます。

「いいね」「リプライ」「リツイート」の件数から共感具合が分かる

本来、調査をするにはお金も手間もかかります。
それはコピーライティングの評価調査も同じはずですが、Twitterであれば話は別。
「いいね」「リプライ」「リツイート」の件数というリアルな評価が無料で得られます

Twitterでコピーライティングを練習する方法

Twitterがコピーライティングの練習に向いている理由がわかったとして、むやみやたらにツイートすればいいというわけでもありません。
そこで、ここからは実際にTwitterでコピーライティングを練習する具体的な方法を紹介していきます。
ここでは、以下の4つの手順をもとに解説します。

  1. テーマとターゲットを決める
  2. ターゲットとなるユーザーをフォローする
  3. 1行目(キャッチコピー)にこだわってツイートする
  4. 「いいね」「リプライ」「リツイート」の件数で反応を確認する

それぞれ解説していきます。

練習手順①テーマとターゲットを決める

最初の手順は「テーマとターゲットを決めること」です。
ここでのポイントは、むやみやたらにツイートしないこと。

実際のコピーライティングも、サービスや商品は一定のターゲットに向けて訴求されます
同様に、Twitterで練習する際もテーマやターゲットをある程度絞り込んでツイートしていきましょう。

練習手順②ターゲットとなるユーザーをフォローする

次の手順は「ターゲットとなるユーザーをフォローすること」です。
この工程を飛ばしてしまうと、自分の練習を評価する人がいなくなってしまいます。
ターゲットユーザーをフォローし、その反応(=刺さり具合)で自らのコピーライティングの良し悪しを判断しましょう。

練習手順③1行目(キャッチコピー)にこだわってツイートする

3つ目の手順は「1行目(キャッチコピー)にこだわってツイートすること」です。
ツイートの1行目は、いわばYouTubeのサムネイル。
真っ先に目に入るからこそ、簡潔でわかりやすく目をひく文言を考えましょう。

練習手順④「いいね」「リプライ」「リツイート」の件数で反応を確認する

最後の手順は「『いいね』『リプライ』『リツイート』の件数で反応を確認すること」です。
実際にツイートしたあとは、この「振り返り分析」のフェーズがもっとも大事。
面倒なSNS投稿を、手軽に時短で行えるツールもあるので、うまく活用しながらコピーライティング力を効率よく上げましょう。

Twitterで意識するポイント

ここまで、Twitterでコピーライティングを練習する具体的な方法を紹介してきました。
すぐに実践に移してもいいのですが、Twitterでコピーライティングの練習をするうえで意識するべきポイント3つを以下にまとめました。

  • 誰でも読める分かりやすい文章にする
  • 漢字とひらがなのバランス
  • ユーザーと共感できるように意識する

それぞれ見ていきましょう。

誰でも読める分かりやすい文章にする

必ず意識したいのが、わかりやすさ。
短文であることはもちろんのこと、簡単な漢字のみを使用する工夫も大切です。
基準として、漢字表記は常用漢字のみに留めるのがベストでしょう。

漢字とひらがなのバランス

わかりやすさだけではなく、見やすさも非常に重要な指標です。
そのなかでも漢字とひらがなのバランスはとくに意識したいですね。
具体的には「漢字が3割ひらがな7割」が一般的に読みやすいとされています。

ユーザーと共感できるように意識する

訴求するうえでもっとも大事なのが「ユーザーへの共感」です。
共感性の高い文章をゲーム感覚の実践から学べるこちらのツールを使うと、効率的でしょう。

Twitter以外でコピーライティングを上達させるための練習方法

最後に、Twitter以外でコピーライティングを上達させるための練習方法も軽く触れておきます。
コピーライティングは、短くわかりやすくターゲットに刺さる文章です。
そのため、それが実践できるのであればもちろんTwitter以外も十分練習の場になるでしょう。
具体的には、Instagramやブログ、noteアプリなど。
オフラインであれば写経も効果的でしょう。

コピーライティングの具体的な練習方法をさらに詳しく知りたい方は、以下の記事もぜひご覧ください。
コピーライティング上達のための練習方法を詳しく解説!

コピーライティングの練習はTwitterがおすすめ

コピーライティングは、ライティングスキルのなかでも人の心に作用します。
文章を上手く書けるようになるだけでなく、ビジネスの場面においても多くのメリットが得られるでしょう。
コピーライティングはTwitterという身近なツールで手軽に練習できます。
繰り返しのアウトプットをとおして、うまく人の心を刺す文章を目指していきたいですね。

エンパシーライティング®では、文章を書くのが苦手な人のために、さまざまなツールを提供しています。

普段使いからビジネスシーンまで幅広くご利用いただける6つの文章作成ツールはこちらから
無料で使える「文章作成の恋人」や「コピーライティング超定番ノウハウ」も提供中です。

文章力を向上したい方は、ぜひエンパシーライティング®をチェックしてみてください。

エンパシーライティング®開発者 中野巧が手掛ける文章術が身につく書籍も絶賛発売中

TOP