【人気!オススメ】超速!SNS文章作成ゲーム』詳しくはこちら

コピーライティング上達のための練習方法を詳しく解説!

「商品の魅力を伝えたい」「企業の売り上げを伸ばしたい」と、どうしたら売り上げアップする文章が書けるか悩んでいませんか?
コピーライティングは学び方が分かれば、誰でも上達します。

この記事では、広告業界で働いている人や、これからコピーライターで活躍したい方に向けて、コピーライティングを上達させるための練習方法について詳しく解説していきます。
自分のブログで稼ぎたい方も必見です。

そもそもコピーライティングってなに?

コピーライティングとは、商品やブランドをアピールする広告の文章や言葉のことを指します。
ユーザーの共感が得られるような言葉を用いて、行動を起こさせることが目的です。
たとえば、新作商品発売のCMを見たあとに、実際にお店に行ってみる、といった行動を促すものです。

コピーライティングは、言葉を用いてユーザーの心を動かす効果をもたらします。
コピーライティングと似たもので、セールスライティングがありますが、目的に違いがあります。
セールスライティングの目的は、ユーザーに購入してもらうことです。
そのため、ある程度購入意欲のあるユーザーに対して用いられます。

より詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。
コピーライティングとは?本質・特徴・具体例・コツ6つと上達方法2つを徹底解説!

コピーライティングの重要性

コピーライティングの重要性は、企業の売上につながる点にあります。
どんなにホームページのデザインにこだわったとしても、アクセスしてもらわなければ商品やサービスの利用につながりません。

サイトに訪問し、商品を購入してもらうためには、コピーライティングが必要不可欠です。
コピーライティングを学ぶことは、企業の成長に結びつくと言っても過言ではないのです。

上手なコピーライティングとは

上手なコピーライティングは、短い文章で要点を伝えられているものです。
難しい専門用語ばかり並べるのではなく、誰でも理解できるような言葉を使い、商品の必要性を伝えます。

長すぎる文章は伝わりにくいため、ユーザーの悩みを解決する言葉を短くまとめなければなりません。
上手なコピーライティングの背景には、ユーザーが何を求めているか、どんな悩みがあるか理解することが必要になります。

コピーライティングが上達するのに必要なこと

コピーライティングが上達するのに必要なことは、以下の3つです。

  • インプットを多くする
  • アウトプット(実践)を多くする
  • 書き方のコツを知る

それぞれ詳しく見ていきましょう。

インプットを多くする

1つ目は、インプットを多くすることです。
テレビで流れているCMやチラシ広告など、身近な場所にコピーライティングはあふれています。
より多くのコピーライティングに目を通し、自分のセンスを磨きましょう。
素敵なコピーライティングには、以下の共通点があるので参考にしてみてください。

  • リズムの良さ
  • 商品の独自の視点
  • 興味をひく言葉使い

たとえば、コンビニのファミリーマートは「あなたと、コンビに、ファミリーマート」というキャッチコピーを使用しています。
コンビニが身近で便利なものであると、短い文章から伝わります。

アウトプット(実践)を多くする

2つ目は、アウトプットを多くすることです。
インプットしたものを、真似て自分で言葉や文章を実際に考えてみましょう。
真似すると、リズム感や言葉選びのポイントがつかみやすくなります。

書き方のコツを知る

3つ目は、書き方のコツを知ることです。
書き方のコツは「読んでもらいたい人」「商品の情報」「商品があると得られるメリット」「具体的なデータ」を文章の中に入れることです。

ユーザーの共感を得るためには、誰に読んでもらいたいかを明確にする必要があります。
具体的なデータも盛り込めば、ユーザーへ働きかけることができます。

たとえば、便秘を解消したい方に向けた商品の場合は、「乳酸菌配合」よりも「腸内環境を整える乳酸菌配合」の方が、よりユーザーに伝わります。
読んだあとに「買いに行ってみよう」と行動に移してもらえるような文章を作るのがコツです。

コピーライティングが上手くなる練習方法

コピーライティングが上手くなる練習方法は、アウトプットを増やすことが必要です。
アウトプットには、以下の6つの方法があります。

  • 写経(しゃきょう)
  • Twitter
  • Instagram
  • ブログ
  • ランディングページ/セールスレター
  • note

それぞれ詳しく解説していきます。

写経(しゃきょう)

1つ目は、写経です。
ただ、書き写すだけでなく、強調して書かれている言葉や文章の並びについて、どうしてこの構成なのか、考えながら行うのが大切です。
写経しながら、ユーザーのニーズが理解できたり、読者目線になれたり、新たな発見が見つかるはずです。
写経の際は、自分が気づいた点も一緒に書き出してみましょう。

Twitter

2つ目は、Twitterを利用することです。
Twitterは、140文字の制限があります。
限られた文字数だからこそ、要らない言葉を削ったり、文章の構成を考えたりでき、要点をまとめる訓練になります。

また、自分のツイートに対してフォロワーからコメントがもらえたり、いいねがもらえたり、反応が目に見えるのが特徴です。
良いツイートは、リツイートにより拡散してもらえる場合があるため、練習のモチベーションにつながります。

Instagram

3つ目は、Instagramです。
Instagramは、文章や文字を使った画像を投稿できます。
画像の補足として、説明文の入力も可能です。
実際に投稿して、商品やサービスをアピールし、いいねやフォロワー数に変化があるか見てみましょう。
目に留まる画像を投稿しているアカウントは、ユーザーへの働きかけが上手く、フォロワーが多い傾向にあります。

ブログ

4つ目は、ブログです。
自分のブログを立ち上げてみましょう。
テーマはなんでも構いませんが、商品やサービスの良さを伝えるような内容がおすすめです。

ブログで練習するメリットは、「文章を書くのに慣れる点」と「商品の良さを調べる点」の2つです。
どちらもコピーライティングに必要な要素になるからです。

ブログを投稿する際は、その内容に沿ったTOP画像も作成します。
読んでみたいと思ってもらえるようなTOP画像作りも、コピーライティングの技術を身につける近道になります。

ランディングページ/セールスレター

5つ目は、ランディングページとセールスレターがどのように作られているか知ることです。
ランディングページとは、ユーザーが最初に見るWebページを意味します。
公式のHPとは違い、商品やサービスの魅力が1つのページにまとめられています。
そのため、伝えたい情報が集約されており、ユーザーの興味をそそる構成が特徴です。

Webページから離脱させず、商品購入やサービスの利用を促す文章からは、学ぶ点が多くあります。
セールスレターは、商品購入を促すことに特化しているため、DMやネット通販に多く使われています。

ランディングページを学んでみたい方は、こちらを参考にしてみてください。

note

6つ目は、noteです。
ブログに似た要素があり、章を書くのに慣れるメリットがあります。
ハッシュタグを記事内に入れられるため、読んで欲しいユーザーに目を通してもらえる可能性が高いのが特徴です。
TwitterやInstagramのいいねと同じような”スキ”という操作ができるため、自分の投稿の反応が見られます。

効率良くコピーライティングが上手くなる方法は

ここからは、効率よくコピーライティングが上手くなる方法について解説していきます。
早く上達したい方は参考にしてみてくださいね。
方法は、以下の4つです。

  • スクールやオンライン講座を受講する
  • セールスコピーライターが書く無料メルマガを読む
  • 広告をよく見る
  • 穴埋め文章作成テンプレートを活用する

一つひとつ解説していきます。

スクールやオンライン講座を受講する

1つ目は、スクールやオンライン講座を受講することです。
コピーライティングに特化しているため、独学で学ぶよりも効率よく技術を身につけられます。
現役のコピーライターが講師をしている場合が多く、実践できるノウハウやポイントを抑えた内容が学べます。

スクールやオンライン講座のメリットは、技術を身につけるためのステップが準備されている点です。
SNSやブログの独学とは違い、基礎から実践、フィードバックを受けられる環境で学べます。
自分以外にも仲間がいるため、講座が終わった後も仕事のつながりが持てる可能性があります。
お金を払ってでも習いたい!という方にはおすすめです。

セールスコピーライターが書く無料メルマガを読む

2つ目は、セールスコピーライターが書く無料のメルマガを読むことです。
セールスコピーライターは、商品を購入してもらうことを目的として文章を作成します。
ユーザーに行動を起こしてもらう、という点はコピーライターと同じです。
メルマガに登録していない方は、興味のある分野で構いませんので、サイトから無料会員登録を行ってみてください。
毎回表現方法に違いがあるため、勉強になりますよ。

メルマガは、決まった曜日と時間に送られてくるため、移動時間でも学べるのが特徴です。
お金をかけず隙間時間を利用したい方に、おすすめの方法です。

広告をよく見る

3つ目は、広告をよく見ることです。
電車内にある広告や、雑誌の表紙、飲食店のポスターなど、広告は身近な場所にたくさんあります。
普段何気なく利用している商品にも、必ずと言っていいほど魅力を伝える言葉が載っているため、身の回りのものを意識して見てみましょう。
どんな言葉が魅力的に伝わるのか、気づくきっかけにもなります。

穴埋め文章作成テンプレートを活用する

4つ目は、穴埋め文章作成テンプレートを活用することです。
穴埋めすることで、実践しながら技術を身につけられます。

商品のテーマに対して、ポジティブなイメージとネガティブなイメージを考えるところから学んでいきます。
ユーザーの共感を得るために必要な過程から、コピーライティングの実践方法まで、カリキュラムがあるのが特徴です。
文章の流れを読み、必要な言葉が何かを考えられるので、独学で学ぶよりも効率よくコピーライティングの技術が学べます。
ユーザーにより伝わる言葉を選ぶ能力が身につき、短期間で仕事に活かせるのが特徴です。
アウトプットし、一生もののスキルを身につけたい方におすすめの方法です。

文章作成テンプレートをお求めの方はこちらからどうぞ。

コピーライティングの練習はインプットとアウトプットの繰り返し

コピーライティングの上達方法は、さまざまな広告媒体に目を向け、キャッチフレーズや文章をインプットし、SNSやブログを利用してアウトプットすることが大切です。
独学でも学べますが、効率よく技術を身につけたい方には、現役のコピーライターが教えてくれるオンライン講座の利用がおすすめです。
これから広告業界で活躍したい、コピーライターで生計を立てたい方は、ぜひ受講を検討してみてくださいね。稼げる術が身につきます。

エンパシーライティング®では、文章を書くのが苦手な人のために、さまざまなツールを提供しています。

普段使いからビジネスシーンまで幅広くご利用いただける6つの文章作成ツールはこちらから
無料で使える「文章作成の恋人」や「コピーライティング超定番ノウハウ」も提供中です。

文章力を向上したい方は、ぜひエンパシーライティング®をチェックしてみてください。

エンパシーライティング®開発者 中野巧が手掛ける文章術が身につく書籍も絶賛発売中

TOP