【人気!オススメ】超速!SNS文章作成ゲーム』詳しくはこちら

Webライティング基本の書き方とは?手順やコツを徹底解説!

「Webライティングの基本的な書き方の手順は?」
「ライティングにおいて注意すべきポイントは?」
Web媒体の普及により、私たちにとってさらに身近になったライティング。
しかし、Webライティングはほかのライティングとはまた違ったコツが必要になってきます。

読み手にとって読みやすい文章を書くための文章構成や適切なフローを身につけ、読みやすい文章を書くためには、説得力の高いライティングをするには、一体どのようなポイントをおさえればよいのでしょう。

本記事では、その答えとなるWebライティングのフローやライティングのポイントなどを紹介します。

Webライティングとは

まずは、Webライティングとは何かを明確にしておきましょう。
Webライティングとは、多く「Web上における表現活動全般」を指します。

しかし、その一方で狭く「SEOライティング」のみを指す場合もあるので覚えておきましょう。
「SEOライティング」とは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンにおいてユーザー集客に効果的な文章制作を目指すライティングです。
昨今のWebライティングは、このSEOライティングが主流となっています。
広義のWebライティングにおいては、SEO記事のほかにもコラムやブログ記事、記事広告やインタビュー記事など、さまざまな目的でWeb上に掲載する文章全般のライティングが該当します。

より詳しいWebライティングの概要や、Webライティングスキルを磨くメリット、ビジネスへの役立て方などを知りたい方は、以下のページもご覧ください。
ライティングとは?文章作成のポイント・練習方法について解説

Webライティングの手順

Webライティングの概要がわかったところで、早速Webライティングの手順について解説していきます。
主な流れは以下の8ステップです。

  1. キーワードを決める
  2. テーマを決める
  3. 読者像を設定する
  4. タイトルを付ける
  5. 記事構成を作る
  6. リード文を書く
  7. 本文を書く
  8. 校正する

それぞれ確認していきましょう。

ステップ①キーワードを決める

最初の手順は、キーワードを決めることです。
Webライティングでいう「キーワード」とは、ただ「重要な単語」ではなく「検索時に検索窓へ入力する言葉」のことを指します。

つまり、ここでキーワードを決める際、読者はどのように検索するかを想像、あるいはツールを用いて分析する必要があるわけですね。

ステップ②テーマを決める

次に、執筆するテーマを決めましょう。
これは記事全体をとおしたものになります。
たとえば、高校受験というテーマを定めてライティングを始めたのであれば、途中で紹介する勉強に関する情報には大学受験範囲のものは不要でしょう。
テーマから逸脱しないように、定めたターゲットから逸れないようにすることが大切です。

ステップ③読者像を設定する

次に、読者像を設定します。
つまり、ターゲットは誰かということです。
先述した高校受験をテーマにした記事であれば、中学生全体を対象にするのか、中学3年生だけを対象にするのか、それとも中学生を子どもに持つ親世代を対象にするのかでもライティングの内容は異なってきます。

ステップ④タイトルを付ける

ここからようやく「書く」作業に入ります。
まずは記事のタイトルをつけましょう。
ここで重要なのが、必ずキーワードを入れること。
読者だけでなく、検索エンジン(GoogleのAI)にもしっかりアピールします。

ステップ⑤記事構成を作る

記事の本文を書き進める前に、記事構成を作りましょう。
はじめは、まさにGoogleが評価しているものを参考にするのがよいでしょう。
設定したキーワードで実際に検索してみて、ヒットした上位の記事の構成を参考に組み立てていきましょう。

ステップ⑥リード文を書く

本文にはまだ入りません。
タイトルができたらリード文を書きましょう。
導入の文章であるため、読者が入り込みやすく、離脱しにくい内容が好ましいですね。
具体的には「誰に向けて書かれているか」や「読めば何がわかるか」を明記するとよいでしょう。

ステップ⑦本文を書く

次の工程としてようやく本文執筆に移ります。
ここからはWebマーケティングではなく文章力の側面が強くなってきます。
わかりやすく、設定したターゲットに刺さる文章を書きましょう。

ステップ⑧校正する

書いた記事は必ず見直しましょう
誤字や脱字、衍字(文字の誤挿入)はないか、表記ゆれはないか、サービス名や企業名がある場合は正式名称になっているかなどをチェックしましょう。

読まれるWebライティングのコツ

ここまで、Webライティングの手順を8ステップから見てきました。
流れを理解することは大事ですが、流れを理解するだけでは不十分であるのが現実です。
そこで大切になるのがWebライティングのコツを理解すること。

ここでは、読まれるWebライティングのポイントに軽く触れていきます。
Webライティングを形作る要素はいくつかあり、それぞれにコツが存在します。
主な要素は以下のとおりです。

  • 構成(見出し構成など)
  • 表現方法(メリット訴求、短文化など)
  • 言い回し(キーワード、指示語の使用、文末表現、漢字とかなのバランスなど)
  • 装飾(文字の強調、リストやテーブルによる視認性の向上など)
  • 校正・校閲(常体と敬体の統一、半角全角の統一、リズムなど)

それぞれ括弧で括っている箇所が具体的なコツの要素になります。

それぞれの詳細を知りたい方は以下のページからご確認ください。
Webで読まれるライティングのコツとは?スキル向上のポイントを紹介

ライティングでうまく書けない理由と対処法

ここまで、読まれるWebライティングのコツを話してきましたが、実際にライティングをしてみて思うようにいかないという方もいるのではないでしょうか。
ここからは、思ったよりもうまく書けないという方に向けて、理由を簡単に紹介します。
ご自身と照らし合わせながら確認してみてください。

  • ゴールや結論の準備ができていない
  • 情報整理ができていない
  • 言葉や表現力のバリエーションがない
  • テーマが思い浮かばない
  • 話が逸れてしまっている
  • 修正ばかりで前に進まない

これらの理由の根底には、多くの場合「そもそもの文章力・語彙力が不足しているケース」と「文章への苦手意識があるケース」という2種類の大元となる原因が潜んでいます。
これらの対処法は、主に次の3つ。

  • 辞書やツールを活用して語彙力を補う
  • 技術面における書き方の基礎を学ぶ
  • 学んだ書き方でひたすら実践をこなす

ここまで読んで一度試してみるのもよいですが、以下のページでさらに詳しく解説しているので、一度確認してみてください。
文章が書けないのはなぜ?その理由6つと陥る心理・対処法について徹底解説!

ライティングで注意すべき点

ここまで、Webライティングの基本的な概要や手順、覚えておきたいコツからうまく書けないときの原因や対処法まで、広く解説してきました。
ここで最後に、ライティングにおいて注意すべきポイントを以下の5つ確認して、さらにライティングスキルを磨きましょう。

  • 冗長表現はおさえる
  • 連続した文末表現を避ける
  • ひらがなと漢字のバランスを意識する
  • 箇条書きや表を使う
  • 一文一義を意識する

それぞれ解説していきます。

冗長表現はおさえる

Webライティングにおいて注意すべき点、はじめに紹介するのは「冗長表現はおさえること」です。
以下によくある冗長表現の例と改善例をまとめたので確認してみてください。

  • 「使うことができます」→「使えます」
  • 「意義あるものである」→「意義がある」
  • 「考えていることがわからない」→「考えがわからない」
  • 「サメというものは凶暴な生き物だ」→「サメは凶暴な生き物だ」
  • 「学校の帰りの道で」→「下校中に」

ただし、これらは絶対に使ってはいけないということでもありません。
リズムを整えるためにあえて使用したり、冗長表現特有の引っ掛かりや気持ち悪さを「強調」として機能させたりすることもあります。

最後にいたっては、浮かぶ情景がわかりやすく違うと思います。
これらの表現も巧みにコントロールできるようになると、文章の幅が広がりますよ。

連続した文末表現を避ける

次に紹介する注意点は「連続した文末表現を避けること」です。
これは、書き終えた文章を音読することで容易に修正できると思います。
ただ「不自然さに気づいても修正の仕方がわからない」という方もいるかもしれないので、そういった方は以下のポイントを意識してみてください。

  • 種類を統一する
  • 単調な文章になってしまうので、同じ表現を使わない
  • 基本は言い切る
  • 体言止めの乱用に注意する

文末表現についてより詳しく知りたい方や、代表的な文末表現の種類を一覧で確認したい方は、以下のページもあわせてご覧ください。
文末表現とは何か?その種類と表現方法、文章への活用方法を徹底解説!

ひらがなと漢字のバランスを意識する

次に紹介する注意点は「ひらがなと漢字のバランスを意識すること」です。
Webライティングは、書籍よりも「見やすさ・わかりやすさ」が重要視されます。
そのため、ひらがなと漢字のバランスにはいっそう気を使いましょう。
具体的には「漢字3割ひらがな7割」が一般的に理想とされています。

箇条書きや表を使う

「見やすさ・わかりやすさ」といえば、Webライティングならではのものがあります。
それが「箇条書きや表を使うこと」です。
昨今ではビジネス本をはじめとして書籍でも見られはじめた手法ですね。

一文一義を意識する

最後に紹介するのは「一文一義を意識すること」です。
ひとつの文章にひとつの情報だけを取り入れる一文一義。
一文に含まれる情報量をよりシンプルに絞り込むことで、読み手が読みやすいと感じる文章に繋がります。

Webライティングの書き方は8つのステップを辿れば完璧

インターネットの普及により、さらに活発化しているWeb業界でもライティングスキルは頻繁に求められます。
ライティングの書き方を掴めば、文章を上手く書けるようになるだけでなく、ビジネスの場面においても多くのメリットが得られるでしょう。
ライティングの書き方を身につけて、より卓越した文章を書けるようになりたいですね。
ポイントやコツは多いですが、はじめはひとつずつ取り入れられる点から取り入れていきましょう。

エンパシーライティング®では、文章を書くのが苦手な人のために、さまざまなツールを提供しています。

普段使いからビジネスシーンまで幅広くご利用いただける6つの文章作成ツールはこちらから
無料で使える「文章作成の恋人」や「コピーライティング超定番ノウハウ」も提供中です。

文章力を向上したい方は、ぜひエンパシーライティング®をチェックしてみてください。

エンパシーライティング®開発者 中野巧が手掛ける文章術が身につく書籍も絶賛発売中

TOP