【人気!オススメ】超速!SNS文章作成ゲーム』詳しくはこちら

ライティングとは?文章作成のポイント・練習方法について解説

「ライティングとは?」
「読まれやすい文章を書くためのコツは?」
「ライティングスキルを向上させるための練習方法は?」

Web媒体の普及により、私たちにとってさらに身近になったライティング。
読み手にとって読みやすい文章を書くためには、文章の書き方や構成について適切な知識を身につけ、読みやすい文章を書くためのコツを掴む必要があります。
読みやすい文章を書くためには、どのようなポイントをおさえればよいのでしょうか。

本記事では、ライティングとはなにか、読みづらい文章の特徴、読みやすい文章を書くためのコツなどについて解説します。

ライティングとは

ライティングとは、広義に「文章を書くこと」「作文」を意味する言葉です。
文章を読む「読み手」が存在する場合には、伝えたい情報や意見、考えについて伝える文章を書く行為を指します。

WEBライティングとは

Webライティングとは広義に「Web上における表現活動全般」を指しますが、一方で狭義に「SEOライティング」を指す場合もあります。
「SEOライティング」とは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンにおいてユーザー集客に効果的な文章制作を目指すライティングです。

また、広義のWebライティングは、SEO記事だけではなく、コラムやブログ記事、記事広告やインタビュー記事など、さまざまな目的でWeb上に掲載する文章のライティングを指します。

ライティングスキルを鍛えるメリット

ライティングスキルを鍛えることで、情報伝達能力が向上したり、ドキュメントを整理する能力が身についたりと、さまざまなメリットが得られます。
では、実際どのような能力が身につくのでしょうか。
ここからは具体的なメリットを紹介します。

ビジネスに必要なスキルが向上する

ライティングスキルを鍛えることで、とくにビジネスの場面において役立つ能力が身につきます。
自分の考えや意見をわかりやすく説明したり、自分がもっとも伝えたいポイントをより効果的に相手に伝えたりするスキルが身につくのです。
ライティングスキルを鍛えることの具体的なメリットには、主に以下の4つのポイントが挙げられます。

  • ロジカルシンキングが身につく
  • 情報伝達力が身につく
  • ドキュメント整理力が身につく
  • 提案能力が高くなる

ここからは、実際に得られるメリットについて、それぞれ解説します。

ロジカルシンキングが身につく

ライティングを行うときに重要なことは、読み手がその内容に疑問をもたない状態で理解でき、必要な意見や情報を正確に汲み取れる文章を書くことです。

読み手がスムーズに理解できる文章を書けるようになれば、物事の結論と根拠を即座に区別し、論理的な繋がりを意識しながら物事の理解を図る「ロジカルシンキング」の能力が身につきます。

情報伝達力が身につく

情報伝達力とは、情報を正確に伝える能力を指します。
情報伝達力はライティングを行ううえでの基礎能力であり、さらに仕事を円滑に進めていくうえで必要な能力です。

ライティングは、自分から遠く離れた読み手に正確な情報を伝えられる文章を書くことが必要なため、ライティングを行う際には必要な情報を過不足なく盛り込みながら、認識の齟齬が生まれないような文章を書く必要があります。
そういった高いライティングスキルが身につけば、伝えたい情報の取捨選択を行ったり、より相手に伝わりやすい文章構成を行ったりできるような情報伝達力が身につきます。

ドキュメント整理力が身につく

ライティングでは、数多くのサイトから抽出した膨大な情報や、長時間の会議で得られたさまざまな意見・考えのなかから、読み手にとって必要な情報を見極め、それらを編集する能力が求められます。

ライティングスキルを向上させることで、物事の本質を見極めたり長文を要約したりする「ドキュメント整理力」が身につきます。

提案能力が高くなる

ライティングには、文章のなかの限られた情報で読者が納得できるような内容を編集・構成する能力が必要です。
読者の納得感が得られる文章を作成できる能力が身につけば、十分な説得力をもった、相手に納得してもらいやすい文章を制作できるようになります。
こうした能力の向上にともなって、商談の場面などでは提案力の高い営業が可能になるのです。

「読みづらい文章」の特徴

ライティングスキルを向上させるためには「読みやすい」文章を意識する必要があります。
一方、読みづらい文章には、以下の4つの特徴がみられます。

  • 一文が長すぎる
  • 誤字脱字が多い
  • 専門用語や難しい言葉が多い
  • 結論があいまい

これらの読みづらい文章の特徴について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

一文が長すぎる

一文が長い文章は、視覚的に読みづらいことはもちろん、脳の情報処理能力の観点においても読みづらい文章になる恐れがあります。

1956年にアメリカの心理学者ジョージ・ミラーが提唱した「マジカルナンバー7±2(ミラーの法則)」によると、人間が1度に理解できる情報量は5~9と比較的少なく、このことからも人間が1度に把握できる情報量は限られることがわかります。

読みやすい文章にするためには、文章が長くなりやすい冗長的な表現を避けたり、助詞を多用した長い文章を避けたりする必要があります

1文に含まれる情報は十分に精査し必要な情報を絞り込んだうえで、読みやすい簡潔な文章を心がけましょう。

誤字脱字が多い

誤字脱字は文章の信憑性を低下させるだけでなく、文章を理解するときの脳の働きを妨げるといった点において、読みづらい文章になってしまう原因となります。
なぜなら、人間は文章を読むときには言葉を音声として処理したのち、すでに記憶している単語や言葉と結びつけることで文章を理解するという流れで文章を読むからです。

誤字脱字が多い文章では、音声として理解された文章と既に知っている言葉とを照合するときに大きな労力が必要となり、このときに読み手は「読みづらい」と感じてしまうのです。

文章を書き終えたあとは誤字脱字のチェックを徹底し、精度の高い文章を目指しましょう。

専門用語や難しい言葉が多い

専門用語や難しい言葉が多く使われた文章は、読み手が効率よく情報を理解することを妨げ、文章に対する読み手の満足度を低下させる原因となります。

ITや金融の分野についての文章では、専門用語や難解な言葉が使用されることが多いですが、読み手が必要な情報を一度に取り入れられる文章を書く際には、可能な限り専門用語や難しい言葉の使用は避けるべきです。

専門用語について自分の言葉で説明できない場合は、その文章で取り扱っているテーマや内容に関する知識が不足している可能性があります。
自分の言葉で表現できるように、執筆前のリサーチは徹底して行いましょう

結論があいまい

結論が曖昧な文章は、読み手が必要としている情報に辿り着くまでに多大な労力・時間がかかるため、読みづらい文章に繋がる要因となります。

結論はできるだけ文章の冒頭に位置づけることを意識し、具体的なエピソードも交えながら、結論がわかりやすい文章を目指しましょう。
結論を明確にすることで、情報に対する信憑性の向上も期待できます。

読みづらい文章の特徴についてもっと詳しく知りたい方は、以下のページをチェックしましょう。
文章力がない人の6つの特徴と文章力の育て方

読まれるライティングのコツ

読まれる文章を書くために、以下の5つのポイントをおさえましょう。

  • テーマとターゲットを明確にする
  • 伝えたいことを明確にする
  • 伝わりやすい文章の構成を意識する
  • 文章をシンプルで読みやすいように意識する
  • 独自性のある内容にする

ここからは、読まれるライティングのコツについてそれぞれ詳しく解説します。

テーマとターゲットを明確にする

まずは文章のテーマをしっかり理解し、文章の軸を見定めることが重要です。
くわえて、読み手となるターゲットを明確にすることも、文章を読みやすくするうえで重要です。

「ターゲット」とは読み手として想定される大まかな人物像を指し、さらに「ペルソナ」はターゲットを細分化し、より詳細に分析された人物像を指します。

文章を書く前にターゲットやペルソナを明確に設定することで、読み手が必要とする情報を絞り込めたり、読み手の理解度を予想できたりします
読み手のニーズをしっかり把握したうえで、読みやすい文章の作成を心がけましょう。

伝えたいことを明確にする

文章のなかでとくに伝えたい内容を明確にすることで、簡潔でわかりやすい文章を書けるようになります。

読み手が必要とする結論や文章のなかでとくに伝えたい内容を明確に記述することで、文章のメインメッセージが明確になり、読み手にとっても読みやすい文章を実現できます。

読み手が結論や主軸となるメッセージを理解できるように、とくに伝えたい内容は明確に記述しましょう。

伝わりやすい文章の構成を意識する

主軸となる内容を明確にすることのほかにも、より内容が伝わりやすい文章の構成を意識することも重要です。

とくにビジネスの場面ではPREP法、セールス文章ではPASONAの法則がよく用いられます。

PREP法はビジネスの基本ともいわれ、Point(結論)Reason(理由)Example(具体例・実例)Point(結論)を順に記述するかたちで構成します。
理由や具体例、実例を結論で挟むことで、結論と理由が明確に区分され、読みやすい文章に繋がります。

また、PASONAの法則では、Problem(問題提起)Agitation(共感)Solution(解決策)Offer(提案)Narrow down(緊急性・絞り込みAction(行動)を順序だてて記述します。

問題提起を冒頭に行ったうえで読み手の共感を誘導し、最後には解決策をもってくることで読み手にとってのベネフィットや読み手が今後取るべき行動が明確になります。

文章構成をそれぞれの場面に合わせて使い分けることで、より読み手が理解しやすい文章を書けるようになります。

伝わりやすい文章構成についてもっと詳しく知りたい方は、以下のページをチェックしましょう。
伝わりやすい文章構成とビジネスで使える構成各5つ・書くためのポイント4つを解説

文章をシンプルで読みやすいように意識する

ライティングにおいて、ひとつの文章に含まれる適切な文字数は約60文字とされており、読みやすい文章を書くためには1文をより簡潔に、なるべく短くする必要があります。

意識するべきことは、ひとつの文章にひとつの情報だけを取り入れる「一文一義」です。
ひとつの文章に含まれる情報量をよりシンプルに絞り込むことで、読み手が読みやすいと感じる文章に繋がります。

読みやすい文章を書くときのコツをより詳しく知りたい方は、以下のページをチェックしましょう。
読みやすい文章とは?構成・表現方法など書き方のコツを解説

独自性のある内容にする

現代では、とくにインターネット上の情報に関して、数多くの情報が溢れるあまり、それぞれの情報に対する信憑性は低くなってきています。
この情報に対する信頼性の低下は、それぞれのサイトに載っている情報の類似性が高く、読み手が情報に関する確信をもてないことが原因です。

こういった現状を踏まえ、自分なりの仮説・取材をもとにオリジナル性のある文章を書くことで、読み手が情報の信憑性を疑うことなく安心して読める文章を実現できます。

ライティングのコツをもっと詳しく知りたい方は、以下のページをチェックしましょう。
Webで読まれるライティングのコツとは?スキル向上のポイントを紹介

文章力を向上するトレーニング方法

文章力を向上するためには、以下の3つのトレーニング方法が効果的です。

  • できるだけ本を読む
  • できるだけ文章を書く
  • 知らない言葉は調べる

ここからは文章力を向上するためのトレーニング方法について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

できるだけ本を読む

本を読むことで、読者が理解しやすい文章構成を学べるほか、自分の考えや思いを表現するための語彙を獲得できます。

できるだけ多くの本を読むことで、豊富な語彙で自分の考えや意見を効果的に表現したり、読み手の理解が深まりやすい文章を書いたりすることが可能になるのです。とくに文章術や論理的思考に関する本を読むことは、文章力を鍛えるのに有効的にはたらきます。

本を読んで考えたことや思ったことについて自分の文章でまとめておくと、さらに知識の定着が望めます。

新たに触れた語彙やその後も活用できる文章表現をしっかりと定着させ、今後の文章制作に活かしましょう。

できるだけ文章を書く

自分の考えや意見について、できるだけ文章で表現することも、文章力を鍛えるのに効果的な方法です。

文章を書くとなると「素晴らしい文章を完成させよう」と意気込んでしまうあまり、書くためのハードルが高くなってしまうこともありますが、そのとき自分が書ける文章を可能な限り表現していくことは、文章を論理的に構成する脳の働きを鍛えるのに有効です。

自分の文章を書き続けることで、論理的に文章を組み立てる思考も鍛えられ、次第にまとまりのある読みやすい文章に仕上げられるようになります。

知らない言葉は調べる

本を読んだり新しい文章を読んだりしたとき、知らない言葉がある場合にはその言葉について必ず調べるように心がけましょう。

知らない言葉の意味についてその場で理解することで、自分で文章を書く際にも豊富な語彙力で表現できるようになります。

わからない言葉に出会ったときには、必ずその意味や使い方について調べておくようにしましょう。

文章力の鍛え方をもっと詳しく知りたい方は、以下のページをチェックしましょう。
文章力が鍛えられるトレーニング方法を徹底解説

ライティングの書き方で注意点

ライティングの注意点のなかでとくに重要なのは、一文一義を意識したり冗長的表現を避けたりするなど、シンプルな文章を心がけることです。

文章を書く前にまずは伝えたい内容を明確にしたうえで、可能な限り簡潔な文章を心がけましょう。

また、「ます」「です」などの文末表現を連続使用することも、読みにくさの原因に繋がります。
文末表現は、「でしょう」「でした」のような表現を用いながらそのときどきに合わせて使い分け、読み手にとって読みやすい文章を意識しましょう。

ライティングの書き方で注意するべきポイントについてもっと詳しく知りたい方は、以下のページをチェックしましょう。
Webライティング基本の書き方とは?

ライティングとはビジネスにも役立つスキル

ライティングスキルは文章を上手く書けるようになるだけでなく、とくにビジネスの場面において多くのメリットが得られます。
ライティングスキルを向上させることで論理的思考力を身につけながら、さまざまな場面で役立つスキルを手に入れましょう。

また、わかりやすく読みやすい文章を書くためには、いくつかのポイントやコツをおさえる必要があります。
伝わりやすい文章の構成や書き方を意識しながら、豊かな文章力を身につけていきましょう。

エンパシーライティング®では、文章を書くのが苦手な人のために、さまざまなツールを提供しています。

普段使いからビジネスシーンまで幅広くご利用いただける6つの文章作成ツールはこちらから
無料で使える「文章作成の恋人」や「コピーライティング超定番ノウハウ」も提供中です。

文章力を向上したい方は、ぜひエンパシーライティング®をチェックしてみてください。

エンパシーライティング®開発者 中野巧が手掛ける文章術が身につく書籍も絶賛発売中

TOP