文章力が鍛えられるトレーニング方法を徹底解説

社会人になって自分の文章力が不安に感じる方も多いでしょう。
どの職種でも重要になってくる文章力は、トレーニングによって鍛えられることはご存じでしょうか?

ここでは、文章力を鍛えるには何をすべきか、構成力、要約力、校正力に分けてご紹介します。
具体的なトレーニング方法を知ることで、自分は何をすべきか、どのように意識することで文章力を向上できるのか気付けるはずです。

文章力とは

文章力とは、読み手が理解しやすい文章、つまりその文章を読めば初心者でも分かる、理解できる文章を書く力ということです。
この言葉だけ見てみると簡単そうに感じるかもしれませんが、実際に文章を書いていくと、なかなか上手く書けない、文字数ばかり増えていくがどれが重要なポイントか分かりにくいなど、「理解しやすい文章」と言い難いことも多いでしょう。

誰でも理解できるとは、シンプルな伝え方でありながら重要な部分が的確に書かれている、分かりやすい言葉を用いて書かれていることが重要です。
どの情報をどのように伝えたいのか、重要なポイントはどこか、そして誰でも理解できる言葉を使ってシンプルに書かれているか気を付けてみましょう。

文章力を鍛えるには

文章力に自信がない、誰でも理解できるような文章を書きたい方は、まずは文章力を鍛えていきましょう。
体を鍛えるのと同じように、文章力もトレーニング可能です。どのように鍛えるべきか、6個のポイントを見ていきましょう。

できるだけ本を読む

文章力を鍛えたいと思ったら、まずは本を読みましょう。
「文章力なのに書かないの?」と思う方もいるかもしれませんが、まずは多くの言葉や言い回し、文章構成などに触れる機会を増やすことが大切です。

読む本は小説や雑誌、新聞など、文字数が多いものを読んでみましょう。
小説などはジャンルも豊富なので、自分の好きな本や読みやすい本など、興味のある本を読むことから始めてみましょう。

多くの本を読んでいくうちに、今まで知らなかった表現や言い回しなど、さまざまな語彙が増えていくでしょう。

できるだけ文章を書く

本を読み語彙が増えてきたら、実際に自分で文章を考え、書いてみましょう。
最初は不安に感じるかもしれませんが、文章を書き始めると自分は何が分かっていて何が分からないのか、問題点が浮き彫りになります。
また、理解しやすい文章にするための言い回しやボキャブラリーの大切さが分かってくるでしょう。

文章を書くことが苦手な人こそ、できるだけ文章を書くよう心掛けましょう。
分かりやすい文章になっているか、分かりやすくするためにはどうすべきか、考えながら書くことがポイントです。

最初はスラスラ書けるけれど途中から書けなくなってしまう、そもそも書き出しからつまずいてしまうなど、文章を書けば書くほど自分の強みや弱みが分かってきます。
多くの文章を書くことで慣れてきて、スムーズに書けるようになるため、文章を書くことを意識した生活にしてみましょう。

知らない言葉は調べる

本を読むときや耳にした言葉の中に知らない言葉があった場合は、ぜひ調べてみましょう。
文章を書くうえで重要な表現力は、ボキャブラリー、つまり語彙力が重要になってきます。
多くの言葉や言い回しを知っていることで、その中から適切な言葉を使って文章を書けるでしょう。

言葉自体を知らないと適切な言葉を使えないことはもちろん、違和感を覚えつつ書き進めてしまい、分かりにくい文章になってしまうことも少なくありません。
自分の語彙を増やすことは表現力を豊かにし、適切な場面でより適切な言葉を使える、つまり分かりやすい文章へつながっていきます。

文章を書き始める前に構成を考える

文章を書き始める前に、最初はどのように書き始め、どう書き進めていくか「構成」を決めましょう。
骨組み部分の構成は、文章の中でも重要になってくる部分です。

とりあえず文章を書く始めようと思っても、思いついたことを書き連ねる文章になってしまい、次第に次は何を書くべきか分からないといった状態に陥ってしまうでしょう。
初めに構成を決めておくことで、文章の全体像が見え、今は何について書くべきか、次は何について書くのかを把握できます。

何を伝えたいのか、重要なポイントはどこなのかを意識して、構成を考えてみましょう。

書いた文章は必ず読み返す

構成を考え、文章を書いていったら、必ず読み返してみましょう。
書いているときは何も思わなかった部分でも、読み返してみると違和感を覚える、本来伝えたかったことから脱線していることは少なくありません。

また、誤字脱字のチェックとして読み返しは重要です。
どうしても読み返すことは苦手、読み返しても間違いに気付けない方は、文章を声に出して読むことをおすすめします。
声に出すことで文章をしっかり目で追うことはもちろん、聞くことで耳からもチェック可能です。

読み手を意識した文章作成をしよう

文章を書く際に、読み手を意識しながら作成することは必要不可欠です。
これを意識するだけで、自分の考えや意見などを正しく相手に伝えることができるようになります。
読み手を意識した文章作成方法に関しては、下記記事に記載しておりますので、ぜひご一読ください。

文章を上達させるポイントは3つ!文章力アップは読み手への理解から

第三者に添削してもらう

自分で書いた文章を客観的に判断してくれる方に文章を読んでもらい、添削してもらいましょう。

構成は分かりやすいけれど文章が難しい、そもそも構成から変更した方が良いなど、自分ではなかなか気付けないポイントを指摘してもらいましょう。

友人や同僚など頼みやすい方に依頼するのもおすすめですが、率直な意見がほしい場合は、Web上の添削機能などを利用してみましょう。
ただし、仕事上、情報漏えいできないものや外部チェック不可のものに関しては、上司へ添削依頼することをおすすめします。

構成力のトレーニング方法

ここからは、構成力を鍛える方法についてご紹介します。
文章の骨組みとも言える構成は、かなり重要なポイントです。

書く文章の用途によって構成は変わってきますが、仕事上で使うビジネス文書の場合は「PREP法」、小説や物語のような創作文章の場合は「起承転結」を意識してみましょう。
構成の基本を意識することで、文章の軸がブレにくく、より分かりやすい文章になるでしょう。

また、複数のお題から文章を作る方法もトレーニングには向いています。
普段なかなか使わない単語から文章を作り出す、構成を考えることで、言葉に対する構成力の幅が広がっていきます。
文章や物語を考える、作りだすのは難しいと感じる場合は、複数のお題から文章の構成を考える「アウトライン決め」をトレーニングとして取り入れてみましょう。

要約力のトレーニング方法

分かりやすい文章を書くうえで重要な要約力は、物事をシンプルかつ的確に伝えるためには必須です。
情報や知識を要約して文章を書くことができれば、文章力向上へつながっていくでしょう。

ここでは、要約力のトレーニング方法を見ていきましょう。

ネットニュースを要約する

日々多くの情報を掲載しているネットニュースを読み、自分なりに要約してみましょう。
情報を理解できることはもちろん、要約力のトレーニングとしてもかなり有効な方法です。

情報量が多いニュースほど要約は難しいでしょう。
しかし、ポイントを理解して、必要な情報と不要な情報へ取捨選択、必要な情報をまとめることで文章の構成や文章力向上につながっていきます。

参考書を読む

どのジャンルの参考書でも、ほとんどの場合は初心者に向けて文章が書かれています。
つまり、参考書に書かれている情報について知らない、これから理解する方向けの文章が書かれているので、「誰でも理解しやすい文章」が書かれています。
ぜひ自分の興味があるジャンルや好きなものの参考書を読んでみましょう。

校正力のトレーニング方法

構成力、要約力に続く重要なポイント「校正力」のトレーニング方法について解説します。
校正も文章を書くのと同じように、何度も繰り返すことで慣れていき、ポイントが分かってきます。

一度書いた文章を校正する

自分が書いた文章は、必ず読み返し、校正しましょう。
校正は何をしたらいいか分からないという方は、まずは文章を読み返し、違和感はないか、分かりにくい部分はないか、文章全体としてスムーズに読めるかチェックしてみましょう。

句読点の位置を見直す

校正時のポイントとして、句読点の位置があげられます。
これは、句読点の位置によって文章の意味が変わってきたり、分かりにくくなったり、反対に分かりやすくなることが多くあるからです。
一度読み返し終わったら、句読点の位置を意識して再度読み返してみましょう。

他の人の文章を校正してみる

自分の書いた文章だけを校正するのではなく、他の人の書いた文章を校正してみましょう。
他の人が書いた文章を読み、ポイントや重要な情報を理解して校正することは校正力の向上はもちろん、読解力や語彙力の向上にもつながるでしょう。
文章を書いた人は何を伝えたいのかを意識して校正してみてください。

文章力は日々のトレーニングで確実に向上する

いかがだったでしょうか?
文章力に自信がない方でも、トレーニングすることで文章力を向上させることができます。
トレーニング方法として、本を読んだり知らない言葉を調べてみたり、書いた文章を読み返すなど、6つの方法を解説しました。

また、文章を書く、分かりやすい文章を書くうえで重要になってくる構成力や要約力、校正力のトレーニング方法も、簡単なものが多いためすぐに実践可能なものばかりでしょう。
とくにニュースの要約や他の人の文章を添削するなど、要約力や校正力だけでなく、読解力も鍛えられる方法なのでおすすめです。

どうしても難しく感じる方はエンパシーライティングの穴埋め文章作成テンプレートがおすすめです。
7つの穴埋めだけで、人の心をググッとつかむ反応率の高い文章が書けるようになります。

エンパシーライティング®では、文章を書くのが苦手な人のために、さまざまなツールを提供しています。
普段使いからビジネスシーンまで幅広くご利用いただける6つの文章作成ツールはこちらから
無料で使える「文章作成の恋人」や「コピーライティング超定番ノウハウ」も提供中です。
文章力を向上したい方は、ぜひエンパシーライティング®をチェックしてみてください。
エンパシーライティング®開発者 中野巧が手掛ける文章術が身につく書籍に関しても絶賛発売中

TOP