文章力がない人の6つの特徴と文章力の育て方

就職し、社会人として働きはじめてから、何かと文章を作る機会が多くて困っているという人も多いはず。
もともと文章を書くことに苦手意識がある人は、仕事とはいえ頻繁に文書作成を求められることに苦痛を感じてしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、文章力がない人によくみられる6つの特徴をご紹介します。
それぞれの特徴を改善するためのポイントも徹底解説するので、文章に自信がない人や、文章力をアップしたい人は、ぜひ参考にしてください。

文章力がない人の6つの特徴とは

文章力がない人の文章には、6つの特徴がよくみられます。
語句の選び方や文章の組み立て方など、文章力がない人には一定の共通点があるのです。

これら6つの特徴を改善することこそ、文章力アップへの最短ルート。
それぞれの特徴を、表れがちな理由や改善ポイントともに、詳しくご紹介します。

特徴その1 文章が長い

文章力のない人の多くは、1文を長く書きすぎる傾向があります
1つの文にいくつもの情報を詰め込んでしまい、読み手を混乱させてしまうのです。
また、同じような内容の文が続くなど、文章全体も長くなりがちで、伝えたい要点が分かりにくくなってしまいます。

文章に情報をたくさん盛り込みたい気持ちはとてもよくわかります。
しかし、情報の盛り込みすぎは、理解しづらさにつながってしまいます。
1つの文で伝える内容は、1つに絞るのが、分かりやすい文章を書くコツです

1つの文で1つの内容のみを伝えることを、「一文一義」といいます。
これを意識して文章を書けば、文章構造がシンプルになります。
シンプルな構造の文章は、読み手にとっては内容がより頭に入りやすい、読みやすい文章といえるのです。

長い文章を短くするための改善策

  • 50文字を目安に1文を終わらせる
  • 100文字以上の文になる場合は、2文に分ける
  • 内容の重なりを省き、文章全体を短くする

特徴その2 難しい言葉や専門用語が多い

難しい専門用語や難読漢字、耳慣れない外来語などを多用する文章は、良い文章とはいえません。
ビジネス文書など、相手にも専門的な知識のバックグラウンドがあると確信できる場合を除き、なるべく難解な用語は使わないようにしましょう。

まずは、読み手がどのような人たちなのかを確認しましょう。
読み手のレベルに合わせた言葉遣いを心がけることで、文章の分かりやすさが飛躍的にアップします。

専門用語等を使いすぎてしまう人の改善策

  • 読み手が誰なのかをチェックする
  • 読み手に合わせた言葉遣いで文章を書く

特徴その3 話が二転三転する

内容が二転三転し、論旨があちこちにブレてしまうような文章は、読み手にとってストレスでしかありません。
結局言いたいことが何なのかが分からず、せっかく読んでも内容がまったく頭に残らないといったことも起こり得ます。

論旨のブレを避けるためには、文章を書く前にあらかじめ文章構成を決めるようにしましょう。
どのような内容を軸とし、どのような順番で話を展開していくかを事前にイメージします。
これにより、文章中で話題がコロコロと変わってしまうようなことを防げます。

文章中で突然話題が変わると論理破綻が起こり、読み手の信頼を失ってしまうことも考えられます。
接続詞の使い方にも気を配り、伝えたい内容の軸をブラさず伝えられる文章を、焦らずじっくりと組み立てましょう。

話が二転三転してしまう人の改善策

  • 話題を絞って書く
  • 読み手の気持ちになって文章を書く
  • 接続詞の使い方や意味を理解する
  • 焦らずゆっくり文章を書く

特徴その4 「こそあど言葉」が多い

文章力がない人は、「これ」「それ」「あれ」「どれ」といった指示語、いわゆるこそあど言葉を乱用しがちです。
同じ言葉の重複を避けるためには、こそあど言葉はとても便利です。
しかし、使いすぎると、それぞれが何を指しているのかが分かりづらくなってしまいます。

分かりやすい文章を目指すなら、こそあど言葉は可能な限り使わず、具体的な言葉に言い換えるクセをつけましょう。

こそあど言葉を多用してしまう人の改善策

  • こそあど言葉を一つの文で複数使うことを避ける
  • こそあど言葉を具体的な言葉に言い換える

特徴その5 説明が不足している

情報を詰め込みすぎて、文章が長くなることは好ましくないと説明しました。
反対に、説明すべき部分を省略しすぎることで、かえって分かりにくい文章になってしまうケースもあります。

文章力がない人は、「いわなくても伝わるだろう」と相手の理解を勝手に判断してしまう傾向があるようです。
相手の理解を前提とせず、説明すべき内容はしっかりと言葉にしていきましょう

とくにビジネスシーンにおいては、説明不足によって誤解を招き、大きなトラブルに発展させてしまうことも考えられます。
そのため、まずは頭の中にある考えをすべて言語化し、文章を作っていきましょう。

そのうえで、重なっている内容や、不要な修飾語や接続詞などを削除します。この方法でなら、説明の過不足がなく、内容の濃い文章が完成します。

説明が不足しがちな人の改善策

  • 一番伝えたいことは何かを考えながら文を構成する
  • 説明を勝手に省かないようにする
  • 要点をきちんと含んでいるかを確認するために、完成した文章を読み返す

特徴その6 結論がはっきりしていない

読み手が理解しやすい文章にするためには、具体的なエピソードや言葉を使う必要があります。
曖昧な言葉や表現ばかりの文章では、読み手に要点や結論を理解してもらえないでしょう。

例えば、上司が部下に対して「ちゃんとやりなさい」と指示したとしましょう。
「ちゃんとやる」という表現はとても抽象的で、曖昧な意味を持ちます。
「ミスをゼロにする」のか「手順を守って行う」のか、具体的な言葉で表現することで、相手に明確な内容が伝わりやすくなります。

曖昧な表現が多い人の改善策

  • 形容詞や副詞は数字に置き換える
  • 具体的な動作を表す動詞を使う

反対に、文章力がある人の特徴とは

文章力を向上させるために、文章が上手い人の特徴を徹底的に分析することは必要不可欠です。
下記記事では、そういった人の特徴を紹介していますので、気になる方はぜひこちらもご一読ください。

文章力アップのポイントはここ!上手いと感じる文章を徹底解説

文章力がない人も、文章力を育てることができる

いかがでしたか?
文章力がない人によくみられる6つの特徴と、それぞれへの改善策をご紹介してきました。
自身の文章が6つの特徴に当てはまると感じた人は、この機会にぜひ文章力をアップさせるトレーニングを実践していきましょう。

忙しい社会人でも取り組みやすいと話題なのが、エンパシーライティングの「文章作成ツール」です。
なかでも7つの穴埋めや並び替えをしながら文章を作成していく「穴埋め文章作成テンプレート」は、自信のない人への文章力の育て方としてとくにおすすめです。

短時間で文章力を向上させたいと考えるなら、ぜひチェックしてみてください。

TOP