文章力のスキルアップ方法とは?ポイントを抑えれば文章力は上がる

日常生活はもちろん、仕事上重要になってくる文章力のスキルアップ方法についてご存じでしょうか。
勉強方法やポイントを押さえることで、文章を書く悩みが減り、結果的に自信につながるでしょう。

ここでは文章力のスキルアップ方法やポイントについて解説していきます。

そもそも文章力のスキルとは

書き手の伝えたいことが読み手にしっかりと伝わるのはいい文章です。
当たり前のように感じることかもしれませんが、「自分の言いたいことや伝えたいことを文章で完璧に伝えること」はかなり難しく、誰でもできることではありません。

文章を書いていく中で趣旨から外れてしまったり、回りくどい書き方によって意味が伝わりにくくなってしまったりします。
内容によっては専門用語を使ってしまうことでそもそも単語の意味が分からないなど、文章の意図が読み手に伝わらない要因はさまざまです。

読み手に伝わりやすい文章とは、簡単な言葉でシンプルに書かれていることがポイントです。
専門用語を使ったり、長い文章を連ねたりするよりも、シンプルかつ簡潔に述べることで相手へ伝わりやすくなるでしょう。
ただし、シンプルにしすぎてしまうと意味が分かりにくい、情報が少なすぎて理解するのが難しくなってしまう可能性もあります。

シンプルさを心掛けることはもちろん、自分が読み手になった気持ちで読み返し、情報の取捨選択を心掛けてみましょう。

いい文章と悪い文章の違いとは

いい文章と悪い文章の違いは、「誰に、何を、どうやって伝えるか」が考えられているかどうかでしょう。
ビジネス上で使われる文章であれば「PREP法」と言って結論から伝える方法を使いますが、小説などの物語であれば「起承転結」を意識して結論は最後に持ってきます。

「PREP法」はもちろん、文法は他にも存在します。
下記記事は、文章を上達させるためにまず文法を理解したいという方におすすめですので、ぜひご一読ください。

論理的な文章の書き方について解説

文章にもTPOがあり、誰が何のために読むのかによって書き方は変わってきます。
いい文章は読み手のことを意識した文章が書かれているため、情報が伝わりやすく、文章のTPOに合っていることがほとんどです。

悪い文章の場合は、書きたいことがそのまま書かれている、情報が少ないもしくは多いなど、読み手を意識していないことがほとんどでしょう。
文章は、情報をたくさん書けばよいわけではなく、自分の収集した情報や知っている知識の中から取捨選択して書いていく必要があります。
この取捨選択ができるか、必要な情報だけ残して不要な情報を省けるか、そして足りない情報を収集できるかもポイントでしょう。

文章を書くときは読み手を意識し、必要な情報と不要な情報を取捨選択、不足している場合は新たに情報収集してみましょう。

文章力はどうやって学ぶ?

続いては勉強方法について見ていきましょう。
何となく文章を書いていてもなかなか上達しないため、何を意識すべきか、文章を書く以外の勉強方法について知ることで、いつもの日常生活の中でも勉強できるでしょう。

文章力アップにおすすめの本

文章力アップにおすすめの本を、5冊紹介します。

    • 文章力アップにおすすめの本
  • 20歳の自分に受けさせたい文章講義
  • 書く技術・伝える技術
  • キャッチコピー力の基本 一言で気持ちをとらえて、話さない77のテクニック
  • 文章力の基本
  • あなたの文章が劇的に変わる5つの方法

これらの本は、書き方のテクニックや意識すべき重要なポイント、語彙力を高めることにつながっていきます。

とくに初心者向けの本の場合は、分かりやすく解説しています。
知らない人に情報を伝える、理解してもらうことは簡単ではないため、ぜひ文章を書くうえで参考にしてみましょう。

情報サイトを活用しよう

日々多くの情報が掲載されている情報サイトを見る、自分なりに情報をまとめてみることで、文章力アップにつながります。
情報サイトはさまざまなジャンルの記事が、幅広く掲載されえています。

自分が関わってこなかった記事ほど、自分の知らない語彙や言い回しなどを見付けられるでしょう。
まずは自分の興味がある記事から、慣れてきたら今まで関わってこなかった内容の記事についても活用してみましょう。

SNSをチェックしよう

TwitterやInstagram、Facebookなど、SNSに書かれている文章をチェックしてみましょう。
SNSは文字数制限があり、読みやすさを重視しています。

必要な情報を相手へ伝えようと書かれていることが多いため、読み手への意識が強くなっていることが多い傾向にあります。
どのような書き方をしているか、文章構成はどうなっているか意識してチェックしてみましょう。

文章力をあげる習慣

ここからは、習慣にすべき行動について解説します。
日常生活の中で意識できることから、文章を書くときに意識すべきことまで6個の習慣を紹介しますので、ぜひ意識して生活してみましょう。

出来るだけ読書をする

文章力アップとは少し離れているように感じるかもしれませんが、読書は語彙増加や文章構成の参考、伝え方のいい教科書です。
何を読むかは自由ですが、マンガのように文章が少ない、ほとんどセリフのものは避けると良いでしょう。
小説のように起承転結の順に書かれているものから、参考書のようにPREP法を用いているものなど、さまざまなジャンルを読むことをおすすめします。

文章を書く習慣をつける

文章力向上は、「慣れ」も大切です。何度も文章を書くうちに、書くためのテクニックや伝わりやすい言い回し、より分かりやすい文章が書けるようになっていくでしょう。
ただし、「ただ文章を書けばいい」というわけではありません。
読み手を意識した文章や、シンプルに伝える、情報を取捨選択することは毎回意識しましょう。

話して構成力を身に付ける

話すことは構成力向上と密接に関係しています。
構成力は、必要な情報をどの順番で伝えるか、文章の芯となる部分です。

構成力は簡単そうに見えて奥が深く、シンプルに伝えようとするとかなり悩ませる部分でしょう。
どの順番に話すのか、話しの構成をどうするか考えながら話すことは構成力を身に付けることに最適です。

構成を考えてから文章を書く習慣をつける

文章を書くときに「まず書いてみる」のではなく、「文章の芯となる構成を考えてから書き始める」癖をつけましょう。
文章を書きながら構成を考えればいいと思うかもしれませんが、文章として完成度が高いのは構成を決め、文章の流れを把握してから書く文章でしょう。
今まで適当に書き始めていた方は、まずは構成を考えることを意識してください。

書いた文章は必ず読み返す

自分が書いた文章を書いたままにしている方は多いのではないでしょうか。
書いた文章を読み返さないと、文章の矛盾や主語述語のねじれ、誤字脱字に気付けません。

文章力を向上させるには、足りていない情報やテクニック、不足している部分に気付くことも大切です。
自分の書いた文章を読み返すことで構成や書き方、情報が不足している部分や多すぎる部分に気付けるでしょう。

他の人に添削をしてもらう

自分の書いた文章を自分で添削しようとすると、頭の中で予測変換しながら読んでしまうため、ミスに気付けないことも多いでしょう。
このようなときは、第三者でもある他の人に添削してもらいましょう。
他の人に添削してもらうことで自分では気付けなかったミスや主語述語のねじれ、構成の矛盾などを知ることができます。

文章力のスキルアップは意識で大きく変わる

いつもの日常生活を送っていても、文章力のスキルアップは可能です。
「文章力」と聞くと「書く」ことでスキルアップするように思えますが、実際は読書や会話などでも向上可能です。
とくに通勤や通学、日々の隙間時間を使える読書は、文章力をあげるために簡単に取り入れられるでしょう。

構成を意識するなど難しく感じてしまうかもしれませんが、意識することで慣れていき、自然に構成を考えられる、適切な構成が分かるようになっていくでしょう。
習慣にすることで文章力は向上するため、ぜひ試してみましょう。

難しく感じる、どうしたらいいか分からない場合は、エンパシーライティングの穴埋め文章作成テンプレートやSNS文章作成ゲームなど、ぜひ利用してみましょう。

エンパシーライティング®では、文章を書くのが苦手な人のために、さまざまなツールを提供しています。

普段使いからビジネスシーンまで幅広くご利用いただける6つの文章作成ツールはこちらから
無料で使える「文章作成の恋人」や「コピーライティング超定番ノウハウ」も提供中です。

文章力を向上したい方は、ぜひエンパシーライティング®をチェックしてみてください。

エンパシーライティング®開発者 中野巧が手掛ける文章術が身につく書籍に関しても絶賛発売中

TOP