文章力でIQはわかる?

文章を上手く書くには、IQが必要と思っている人もいるかもしれません。
文章力をアップさせるには、高いIQが求められるのでしょうか?

IQを測定するのは難しいため何ともいえませんが、文章を通じてある程度の知力や知性は推し測ることができます。
では、文章からどのような能力を読み取ることができるのか?

ここでは、文章力と知力・知性についてお伝えします。

文章力からわかる知能について

文章力からわかる知力についてお伝えします。

知力

知力とは、知恵を働かせる力のこと。
知力の高い人は、機転を利かせ、TPOの合わせた振る舞いができる傾向にあります。

書くことが得意な人は一般的に、知能指数が高いといわれます。
それは、書くという行為がそれだけ難解で高度な技術を求められるということなのかもしれません。

しかし当然のことながら、知力の高い人しか文章が書けないわけではありません。
それよりも、文章を書くことを通じて、知力は高められるといったほうがいいかもしれません。
知力と文章力は、相互作用をもたらすといっていいでしょう。

文章に見える知力3選

文章を通じて、以下の知力を見ることができます。

思考力

思考力とは、考える力のこと。
書くことを通じて、思考力がアップするとはよくいわれることです。

というのも、考えながらでなければ新しい文章を生み出すことはできません。
“書くこと”=“考えること”といっても過言ではないのです。
たくさん文章を書く人は、その分多くのことを考えている人ともいえます。

表現力

表現力や語彙力も、文章から見てとることができます。
同じテーマでも、表現豊かな文章は読む人の心に感動を与えます。

幅広い表現には、語彙力が欠かせません。
豊富なボキャブラリーを持つことで、その場の情景や心情を的確に描写できるようになるでしょう。

想像力

文章を通じて、その人の想像力を推して測ることもできます。
その人の頭のなかに何があるのか。
文章にすることで、作者は自身の思考や想像を開陳することができます。

文章は絵や動画に比べて、最も表現しやすい手段です。
頭のなかを整理するとき、まず文章にするという人も多いでしょう。

例えば、将来何になりたいかなど考える際、文章にすることでより明確に意識することができます。
このような積み重ねが、想像力アップにつながっていくのです。

知性とは?

知力と似ている単語で、知性があります。
知性とは、物事を知り、考えたり判断したりする能力のこと。
知力より、インプットが重視されている印象があります。

文章からわかる知性

では、知性を感じさせる文章とはいったい何なのでしょうか?
まず“知性”の言葉が示す通り、知識に基づいて、物事を考えたり判断したりした形跡のある文章といえます。

例えば、「今日はおばあちゃんの家に行き、スイカを食べました。おいしかったです。」という文章から、知性を感じ取る人はいないと思われます。
上記の文章には、作者がインプットした知識をもとに、考えたり判断したりした跡がありません。
そのため、知性を感じられないのです。

知性、教養を身につける方法

知性や教養を身につけるには、どうすればいいのでしょうか?
まず上述の通り、知識のインプットが重要です。

インターネットや書籍、新聞などツールはなんでもかまいませんので、知識をどんどん蓄えていきましょう。
ただ知識を蓄えるだけでは、知性にはつながりません。

得た知識をもとに、自分なりの考えや判断を披露する。
この一連の工程が、知性となって現れます。

知性や教養が足りないと感じる人は、知識を得て、考え判断することを習慣づけるようにしましょう。

IQに関係なく、文章力はアップする

文章力と知力・知性についてお伝えしました。
良い文章を書くには、ある程度の知力・知性が求められます。

しかし、生まれつきの知力・知性に自信がないからといって、あきらめる必要はありません。
というのも、文章を書くことを通じて、知力・知性は鍛えられます。

エンパシーライティング®では、知性・知力に自信のない人でも、文章が上達するツールを提供しています。
「私には無理だ……」と悲観的にならず、一歩踏み出してみましょう!

エンパシーライティング®では、文章を書くのが苦手な人のために、さまざまなツールを提供しています。

普段使いからビジネスシーンまで幅広くご利用いただける6つの文章作成ツールはこちらから
無料で使える「文章作成の恋人」や「コピーライティング超定番ノウハウ」も提供中です。

文章力を向上したい方は、ぜひエンパシーライティング®をチェックしてみてください。

エンパシーライティング®開発者 中野巧が手掛ける文章術が身につく書籍に関しても絶賛発売中

TOP