【人気!オススメ】超速!SNS文章作成ゲーム』詳しくはこちら

コピーライティングスキルを上げる方法とは?

「コピーライティングのスキルを上げるためには?」
「そもそもコピーライティングスキルとは?」
Web媒体の普及により、私たちにとってさらに身近になったライティング。
読み手の心に刺さる文章を書くためには、文章の書き方や構成について適切な知識を身につけ、ポイントを押さえた文章を書く必要があります。
質の高いコピーライティングを書くためには、それら要素をしっかり理解しておくことが必要です。

本記事では、コピーライティングスキルの要素や、コピーライティングスキルを上げる方法について解説します。

そもそもコピーライティングのスキルとは?

まず、コピーライティングとは何かから話していきましょう。
コピーライティングとは、名前のとおり「copy(広告文)」を「writing(執筆)」することで、多く広告文自体を指すこともあります。
たびたびセールスライティングと混同されがちですが、コピーライティングはセールスライティングと比べて、より「ブランディング」が重要となります。

「キャッチコピー」という言葉からもわかるように、コピーライティングはわかりやすくターゲットの心に刺さる文章、言い回し、言葉選びが必要というわけですね。
コピーライティングスキルは、そんなコピーライティングを書く技術のことで、ほかの執筆技術とはまた違ったコツが必要です。

コピーライティングスキルの要素

冒頭でも話したとおり、質の高いコピーライティングを書くためには、文章を構成する要素をしっかり理解しておくことが必要です。
そこで、はじめにコピーライティングスキルの要素5つを以下のとおりまとめました。

  • 文章力
  • コミュニケーション能力
  • 発想力
  • 課題解決能力
  • 情報収集能力

それぞれ簡単に確認していきましょう。

文章力

コピーライティングは、文字どおり「ライティング(文章執筆)」の技術です。
当然、根底には「文章力」が必要です。
一口に文章力といってもさまざまで、その要素は以下のように多岐にわたります。

  • 段落単位での文章構成力
  • 一文単位での文章構成力
  • 言葉選び
  • リズムや韻の感覚
  • 表記や語彙の知識

コミュニケーション能力

仕事でコピーライティングをする場合、コミュニケーション能力も求められます。
会議でニーズを擦り合わせたり、提案によって方針の舵を取ったり、軽視できない部分です。

発想力

ただの報告文と違い、広告文であるコピーライティングには優れた発想力も求められます。
飽和しているビジネス市場で、革新的なアイデアや独創的な表現が出せるコピーライターは貴重です。

課題解決能力

ビジネスは、いわば問題解決の繰り返し。
売上を上げるには、注目してもらうには、リピートしてもらうには。
そのためにはどうすればいいか、限られた予算とスケジュールで解決していく逆算の力が必要です。

情報収集能力

広告を打つうえで重要な要素のひとつが、他社との差別化です。
そのためには、競合他社の情報を収集する力も必要になります。

コピーライティングスキルを上げる方法

ここまで、コピーライティングスキルの要素5つを解説してきました。
ここからは、実際にコピーライティングスキルを上げる具体的な方法を、同じく5つ紹介していきます。
その5つとは、以下のとおりです。

  • コピーライティングの練習をする
  • コピーライティングのコツを学ぶ
  • 文章力を磨く
  • 広告文を書く練習をする
  • ライティングする分野の知見を深める

それぞれ解説していきます。

コピーライティングの練習をする

スキルアップのためには、何事も練習が不可欠です。
それはコピーライティングにおいても同じで、アウトプットとしてのコピーライティングの練習を必ずしましょう。
方法はいくつかありますが、ここでは以下の2つを軽く紹介します。

  • コピーライティングの写経をする
  • Twitterで練習する

ほかの方法も知りたいという方は、以下のページをご確認ください。
コピーライティング上達のための練習方法を詳しく解説!
ここでは、上記2つの方法に絞って簡単に解説していきます。

コピーライティングの写経をする

写経とは、本来「経文を書写すること」を指しますが、Webライティングにおいては「経文以外を含む文章全般の書写」を指し、とくにコピーライティングをはじめとした短く人の心に刺さる文章の書写を指します。
写経を行ううえで意識したい点は次の3つ。

  • ターゲットの気持ちの変化を考えて構成や流れを分析
  • なぜこの書き方をしたのか考察する
  • いいと感じたポイントを洗い出しなぜいいと感じたか理由を考察する

コピーライティングの写経にまつわるより詳しい概要や方法、写経の「本質」を知りたい方は、以下のページもあわせてご覧ください。
コピーライティングのスキルを上げる写経とは?格段に上達する方法を詳しく解説

Twitterで練習する

Twitterでコピーライティングの練習をするのも非常に効果的です。
ただ、むやみにツイートすればいいというわけでもありません。
おすすめの手順は以下の4ステップ。

  1. テーマとターゲットを決める
  2. ターゲットとなるユーザーをフォローする
  3. 1行目(キャッチコピー)にこだわってツイートする
  4. 「いいね」「リプライ」「リツイート」の件数で反応を確認する

しっかりターゲットを定め、構成を意識しながらツイート。
ツイートしたあとは、ターゲットの反応から反省や分析を行って、自身のコピーライティングをさらに改良していきましょう。
コピーライティングの練習にTwitterが向いている理由や、より詳しい方法、意識すべきポイントなどは以下のページで深く解説しています。
あわせてご確認ください。
コピーライティングの練習にTwitterが向いている?向いている理由と練習方法を解説

コピーライティングのコツを学ぶ

スキルアップの方法、2つ目は「コピーライティングのコツを学ぶこと」です。
ここでは、意識するべきポイントとして12個をリストでまとめました。

  • 読者の立場になって書く
  • 誰でもわかるような言葉を使う
  • 話しかけるように書く
  • タイトルで心を掴む
  • 書き出しでどんなメリットがあるのかを伝える
  • ターゲットの好奇心を刺激する
  • 小見出しを使う
  • 一文一義で端的に書く
  • 図・表・箇条書きを上手に使う
  • 正確で具体的な数字や情報を使う
  • 競合の方が優れているような表現は使わない
  • 行動を強く促す

これら12項目の詳細や、心を動かす文章構成について知りたい方は、以下のページもご覧ください。
説得度が増す!コピーライティングの書き方のコツについて徹底解説!

文章力を磨く

先ほど話したとおり、コピーライティングのもっとも根底に位置するスキル要素が「文章力」です。
そのため、文章力の底上げもコピーライティングのスキルアップとして効果的であることはいうまでもないでしょう。
ここでは、わかりやすい文章の特徴を簡単に紹介します。

  • 理解しやすい言葉が使われている
  • 一文がシンプル
  • 主語と述語が適切に使われている
  • 伝えたいことが明確
  • 表現が具体的

これらの詳細や、文章力を鍛える5つの方法を知りたい方は、ぜひ以下のページもご確認ください。
そもそも文章力とは?文章力が高い人の特徴と文章力の鍛え方

広告文を書く練習をする

インプットも大事ですが、やはりアウトプットもバランスよく取り入れなければなりません。
コピーライティングのみならず、セールスライティングなど広告文全般をとにかく書いてみるのもスキルアップに繋がるでしょう。

ライティングする分野の知見を深める

ライティングスキルを上げようと思うとついついおろそかにしてしまいますが、ライティング分野のインプットも行いましょう。
語彙や視点に広がりが出ることで、より深い味わいの文章が書けるようになってきます。

コピーライティングのスキルは5つの要素から成る

コピーライティングスキルは、ライティングスキルのなかでも人の心に作用します。
文章を上手く書けるようになるだけでなく、ビジネスの場面においても多くのメリットが得られるでしょう。
コピーライティングスキルのコツを知って、うまく人の心を刺す文章を目指していきたいですね。
ポイントやコツは多いですが、はじめはひとつずつ取り入れられる点から取り入れていきましょう。

エンパシーライティング®では、文章を書くのが苦手な人のために、さまざまなツールを提供しています。

普段使いからビジネスシーンまで幅広くご利用いただける6つの文章作成ツールはこちらから
無料で使える「文章作成の恋人」や「コピーライティング超定番ノウハウ」も提供中です。

文章力を向上したい方は、ぜひエンパシーライティング®をチェックしてみてください。

エンパシーライティング®開発者 中野巧が手掛ける文章術が身につく書籍も絶賛発売中

TOP