子供の文章力・作文力を育てるトレーニング方法を紹介

「子供が作文を書くことが苦手で…」と、頭を悩ませている親御さんもいるかもしれません。
「上手な文章を書けるようになってほしい!」と願うご両親の気持ちは分かります。

そのような希望に応えるため、ここではぜひ親子で試してもらいたい、文章力アップのためのトレーニング方法を紹介します。
子供の文章力・作文力アップのコツを知りたいと思っている方は、ぜひご覧ください。

子供の文章力・作文力を鍛えるうえで重要なこと

子供の文章力・作文力を鍛えるうえで重要な2つのことをお伝えします。

文章力・作文力を鍛えるには「読む力」も重要

文章力・作文力をアップさせるには、「読解力」も重要です。
読解力とは、文章を読んで、内容を理解する力のこと。
文章力・作文力を鍛えるうえでは、読解力が欠かせません。

というのも、何事もまずは知識をインプットすることから始まります。
何も土台がない状態で、アウトプットすることはできません。
知識や語彙といった土台があるからこそ、「書く」といったアウトプットができるのです。

読解力を鍛えていくなかで、必要な知識や情報を収集することができるようになり、それがアウトプットにも活かされます。

読解力のトレーニングには、読書が最適です。
自分の好きな本でかまいません。

そして、読み終えたら本についてアウトプットする習慣を身につけましょう。
この繰り返しで、徐々に読解力とともに、文章力・作文力も鍛えられていくはずです。

ゆっくり上達していくものと理解する

文章力・作文力アップには時間がかかります。
お子さんの場合、なかなか上達せずに、イライラしてしまうこともあるでしょう。
その場合、親御さんはまずお子さんが、「書く」または「読む」という行為をしたことをほめてあげてください。

「ここが間違っている」「こんな本ばっかり読んで」などと叱られてばかりいたら、文章を読んだり書いたりしようとする意欲が失われてしまいます。

文章は、一朝一夕には上達しません。
長い時間がかかることを前提に、ゆっくりのんびりと楽しみながら、お子さんの力を伸ばしてあげましょう。

子供の文章力・作文力を鍛えるおすすめ方法

子供の文章力・作文力を鍛えるのにおすすめの3つの方法をお伝えします。

手本となる作文の良い表現や構成を真似する

まずはお手本となる文章の良い点を見つけ出し、真似しましょう。
最初は、気に入った文章表現をそのまま使ってもかまいません。

何回も使用していくうちに、言葉の意味を理解し、自分のものとして利用できるようになるでしょう。
文章力アップのためのドリルなどに書かれていた表現を、まずは楽しく使ってみて、言葉の使い方を覚えることから始めていきましょう。

手本となる作文を音読する

音読も文章力・作文力アップに、大きな役割を果たします。
音読することで、黙読以上に注意深く文章を読むことになりますし、よいテンポ・リズム感の文章を身体で覚えることができます。

感じたこと、思ったことを書く習慣をつける

感じたことや思ったことなどを、すぐ「書く」習慣をつけさせるのもいいでしょう。
上手に書く必要はありません。最初は、メモ書き程度でかまいません。

思ったこと、感じたことを「書く」という行為が重要です。
書くことで、脳が活性化し、思考が整理され、考えが深まります。

また日記のように習慣化することで、継続力も身につきます。
感情や思いを言葉にし、文章として残すことで、あとで振り返ることもできます。

改めて読み返したとき、「自分はこう感じていた」ことを知ることで、新たな発見や気づきにつながるかもしれません。

周りと差がつく作文のコツ

周囲に差をつけたいときに意識したい、作文の3つのコツを紹介します。

書き出しを工夫する

書き出しは、非常に重要です。

書き出しが魅力的でないと、それ以降の文章も読んでもらえません。
そのため、書き出しを工夫しましょう。

例えば、話し言葉から始めてみる。
「皆さんは、〇〇をした経験はありますか?」
まるで自分が話しかけられているような気分になり、読者も思わず読み進めてしまうでしょう。

また、はじめに気になるワードを持ってくるのもテクニックの一つです。
例えば、「私は先月、王様になった」。
いったい何の王様なのだろう? なぜ王様になれたのだろう…?
読者の興味・関心を引くことができます。

慣用句やことわざを使う

慣用句やことわざを使用してみるのも、一つの方法です。
「面白い」「驚いた」「喜んだ」など単調な表現を、バラエティ豊かにしてくれるのが、慣用句・ことわざです。

「驚く」だけでも、「腰を抜かす」「目が飛び出る」「肝がつぶれる」など色々な表現があります。
言葉の意味を理解し、シチュエーションに合った使い方をすることで、文章に深みが増すでしょう。

比喩表現を使う

比喩を使って、物事を例えることで、イキイキとした文章になります。

例えば、「おいしそうなリンゴです」だとイメージが湧きづらいかもしれません。
しかし、「朝露のような果汁がしたたる、おいしそうなリンゴです」と付け加えたら、リンゴのみずみずしい感じが伝わるかもしれません。

また「血のような真っ赤な色をしたリンゴです」というと、おどろおどろしい雰囲気に変わっていきます。
比喩を効果的に使うことで、言いたいことをより的確に伝えられるようになります。

親子でできる文章力をあげる方法

子供一人で文章力アップに取り組むのは難しいことです。
親子で一緒にできる4つのトレーニング方法を紹介します。

書いた文章を一緒に読み返す

子供が書いた文章を、親子で一緒に読み返すのもいいでしょう。

子供は作文を書いただけで、満足してしまいます。
しかし文章力アップに重要なのは「推敲」です。

親はお子さんの文章の誤字脱字などを見つけつつ、いいところや改善点を指摘していきましょう。
大事なのは、悪いところばかりを挙げ連ねるのではなく、いいところを伝えること。

あまり上手に書けていなかったとしても「〇〇に興味を持ったの?」など、文章の内容に興味を持ち、質問するようにしてください。
親御さんが関心を抱くことで、子供の「伝えたい」という気持ちがアップするでしょう。

手本となる作文を一緒に音読する

子供に手本となるいい文章を読んでもらいたいと思っても、普段読書する習慣がない子にとっては、ハードルが高いかもしれません。
その際は、親子で一緒に読むといいでしょう。

親子で一緒に読むことで、子供は分からない言葉や内容に出合ったとき、すぐさま親に質問できます。
また親子で「登場人物はどんな気持ちだったと思う?」「次の展開はどうなると思う?」などの会話をすることで、想像力や思考力も鍛えられます。

普段の会話の中で理由を聞く

作文力アップには、普段の会話も重要です。
日頃から子供に、「どう感じたのか」「なぜそれをしたのか」などの質問をすることで、考えるクセをつけさせましょう。

例えば、「今日何して遊んだの?」「鬼ごっこ」「楽しかった?」「うん」では、作文にすると「今日は鬼ごっこをして遊びました。楽しかったです。」だけで、終わってしまいます。

「今日は何して遊んだの?」
「鬼ごっこ」
「どうして鬼ごっこをすることになったの?」
「△△ちゃんがやりたいって言ったから。今日は公園にお友達が8人もいたんだよ」
「大勢いたのね。どうして△△ちゃんは鬼ごっこをしたいと思ったのかしら」
「△△ちゃんは足が速いの。だから鬼ごっこが好きなんだよ」

と会話を深めていくと、子供のことをより深く知れるだけでなく、子供自身に考える機会を与えます。
作文力やコミュニケーションアップのためにも、日頃の会話にも気をつけるようにしましょう。

交換日記をする

交換日記をするのもおすすめの方法です。

日記をつけることで、文章力・作文力のアップを図れるほか、親子間のコミュニケーションも深まります。

子供によっては、「何でこんなことしなくちゃいけないの?」と思うかもしれません。
しかし「パパ・ママは〇〇のことをもっと知りたいんだ」と目的を伝え、ぜひ子供に興味を持ってもらいましょう。

最初は、短い文字数でかまいません。
「今日は特別なことは何もなかった」のような1行でも、怒らず、「そうなんだ。何もない1日だったんだね」と子供の気持ちを認めてあげましょう。

書くことに慣れてくると、子供側も徐々に書きたいことが増えてきます。
書きたいことが出てくると、自然と文章量も増えてくるはずです。

そして、大切なのは親側の文章です。
親は、子供が「こんな文章を書きたい!」と思うような、文章を書かなくてはなりません。

例えば、「会社に行った。お昼ご飯は牛丼だった。1時間残業して帰宅」といったメモのような文章ばかりを書いていたら、子供もそれが正解だと思い、真似するようになるでしょう。

そうではなく、親側も子供に大切なことを「伝える」気持ちで書いてください。

文章力の上がる日記の書き方とは

交換日記を書く際も、文章力を上げるポイントを活用するとより良いでしょう。
文章力アップのためには、質より量というように毎日ポイントをおさえながら日記を書き続けることが重要です。

下記の記事では、こうした日記を書く際におさえておきたい3つのポイントをご紹介しています。
子供と交換日記を始めようと考えている方はぜひご参照ください。

文章力の上がる日記の書き方

子供の文章力をアップさせて、色々な力を身につけさせよう

子供の文章力・作文力アップに役立つ方法を紹介しました。
文章を書くことで、子供はさまざまなことを思考するようになります。
想像力やコミュニケーション力のアップにも関わってくるでしょう。

でも、「私自身が文章を書くのが苦手…」とお悩みの方は、まずはエンパシーライティング®の講座や教材などを使って、文章力アップを図ってください。
文章を書く能力が鍛えられると、さまざまなメリットが得られます。
その力はきっとお子さんの将来にも、よい影響を与えるでしょう。

エンパシーライティング®では、文章を書くのが苦手な人のために、さまざまなツールを提供しています。

普段使いからビジネスシーンまで幅広くご利用いただける6つの文章作成ツールはこちらから
無料で使える「文章作成の恋人」や「コピーライティング超定番ノウハウ」も提供中です。

文章力を向上したい方は、ぜひエンパシーライティング®をチェックしてみてください。

エンパシーライティング®開発者 中野巧が手掛ける文章術が身につく書籍に関しても絶賛発売中

TOP