文章を作るのが苦手。文章力が上がるポイントを紹介

「文章を書くのが苦手……」という人は、少なくないですよね。
文章を書いても伝わらない、書いては消してを繰り返してしまうなど、人によってさまざまな悩みがあると思います。

文章を書くのが苦手な人の特徴とは?苦手を克服するため意識したほうがいいこととは?
この記事では「書くのが苦手」と悩んでいる人のために、ヒントとなるような情報を提供しています。

「文章を書くのが得意になりたい」と思う人は、ぜひ参考にしてください。

文章を書くのが苦手な人の特徴

文章を書くのが苦手な人の3つの特徴をお伝えします。

一文に情報が詰め込みすぎている

一文が長すぎるのも、文章を書くのが苦手な人の特徴。
文によって適切な長さは異なるため、一概にはいえませんが、一文が長い傾向にある人は、50文字以内を目安にしましょう。
50文字を超えた場合、可能であれば一文を切って接続詞でつなげていきます。

一文につき、書くべきことは一つだけ。
このルールを順守していれば、長すぎる文章にはなりづらいです。

また書きたいことをすべて書くのではなく、必要な情報だけ入れるようにしましょう。
多くの場合、読者は不要な情報が多分に含まれている文章を、読みづらいと感じます。
そう思われないよう、いらない部分を削除することも重要です。

内容が整理されていない

文章を書くのが苦手な人は、書くべきことが整理されていない傾向にあります。
まずは、頭のなかで何を書きたいのか、思考を整理していきましょう。
思考を整理する際の2つのポイントをお伝えします。

伝えたい内容を明確化する

文章を書くのが苦手な人は、主張したいことが明確になっていません。
だから、何を言いたいのかが分からず、ぼんやりとした印象の文章になってしまいやすいのです。

文章を書く前に、自分が書きたいことを明らかにしていきましょう。
そうすることで、読者にも「この人はこれが言いたいんだ」ということが伝わります。

構成を工夫する

文章を書くときは、内容だけでなく構成も重要です。
構成を意識せず、思ったことをただ書き連ねてしまうと、読み手は読みづらさを感じてしまいます。
他者の記事などを見て、表現だけでなく構成も勉強しましょう。

例えば、多くのオピニオン記事は問題提起から始まります。
その後、解決案を提示したり読者の共感を得られるような提言をしたりして、最後にまとめに入ります。

同じ内容でも、構成や展開によって、読みにくさは変わってきます。
どのような順番で書くべきかについても、よく考えましょう。

読む人のことを考えられていない

文章を書くのが上手な人は、読者のことを意識しています。
書いても反響を得られない人は、「読者のこと」をもっと考えるようにしましょう。

読み手のことを考えるようになれば、より多くの人が関心を持ってくれるようになると思います。
「読者のことを意識して書く」というのが分からない人は、以下3つのポイントを意識するようにしましょう。

知識レベルを合わせる

読み手を想定し、ターゲット層のレベルに合う表現を使うようにしましょう。
とくに学者など専門分野に通じている人は、専門用語などを使いがちです。
学者同士で読み合う論文でしたらかまいませんが、それ以外の人たちも読む文献などを執筆する場合、なるべく分かりやすい表現を心がけましょう。

抽象的表現を控える

抽象的な表現がたくさん出てくる文章も分かりづらいです。
分かりやすい文章は、具体的な表現が多用され、イメージが浮かんできます。

逆に、具体的な表現がほとんどない文章は、何が言いたいのか理解するのが難しいです。
具体的な文章にするためにも、固有名詞や数字、実例などを挙げていきましょう。

フォーマットを意識する

読み手が読解しやすいよう、フォーマットを意識することも大切です。
すでに定まったフォーマットは、読み手にストレスを与えづらく、スラスラ読むことができます。

例えば、逆三角形型。
これはまず①結論を書き、②経緯、③補足といった順番に記述する方法です。
最初に伝えたいことを書くことで、要点を明確に伝達することができます。

また論理展開したい場合は、3部構成型を用いましょう。
3部構成型とは、まず問題提起(序論)をし、次に説明・原因・解決(本論)を行い、最後にまとめる(結論)方式です。

フォーマットによって、適切な内容は異なります。
複数のフォーマットを覚えておき、内容に合った型を用いて文章を作成していきましょう。

文章力の苦手意識を克服する方法

文章を書くのが苦手という人に、苦手意識を克服するのに役立つ2つの方法をお伝えします。

フォーマットを作る

型にあてはめて書くのも、苦手意識克服に有効です。
すでに紹介した、逆三角形型や3部構成型など既存のフォーマットを用いるのもいいですし、自ら新たなフォーマットを作ってみるのもいいでしょう。
とくにビジネス文書の場合は、文芸作品のような凝った表現は不要なため、あらかじめテンプレートを作っておくといいと思います。

構成を組み立てておくと書きやすい

分かりやすい文章には型があり、その構成に沿って書くだけで文章力がアップします。

下記の記事では、そうした文章構成の例はもちろん、文章が伝わりにくい人の特徴もご紹介しています。
気になる方はぜひご参照ください。

論理的な文章の書き方について解説

他の人に添削してもらう

他者に読んでもらい、改善点を指摘してもらうのも一つの方法です。
自分の文章を客観的に見られない場合は、第三者に確認してもらうのが一番。
第三者のほうが、文章の流れや表現が適切かなど、冷静に判断することができます。

ただし、人によって「いい文章」「悪い文章」の基準は異なります。
添削してもらっても、あまり納得いかない場合は、別の第三者に依頼するといいでしょう。

大事なのは、なぜその人がその部分を指摘したのか、考えること。
「〇〇という理由で、指摘されたんだ」と納得することで、自分のものとなり、文章力向上につながっていくでしょう。

文章に対する苦手意識は克服できる

文章を書くのが苦手な人の特徴と、苦手意識克服のために役立つ方法をお伝えしました。
「文章を書くのが苦手……」という人は、案外多いです。
しかし、トレーニングを積むことで、苦手だった文章作成が得意になったという人も大勢います。

エンパシーライティング®では、文章を書くのが苦手な人のために、さまざまなツールを提供しています。
苦手を克服して、自分らしい文章を書けるようになりましょう。

エンパシーライティング®では、文章を書くのが苦手な人のために、さまざまなツールを提供しています。

普段使いからビジネスシーンまで幅広くご利用いただける6つの文章作成ツールはこちらから
無料で使える「文章作成の恋人」や「コピーライティング超定番ノウハウ」も提供中です。

文章力を向上したい方は、ぜひエンパシーライティング®をチェックしてみてください。

エンパシーライティング®開発者 中野巧が手掛ける文章術が身につく書籍に関しても絶賛発売中

TOP