Webライターに必要な文章力とは?

Webライターを目指している人のなかには、「文章力に自信がない……」という人もいるでしょう。
ではWebライターに求められる文章力とは、どのようなものなのでしょうか?

ここでは、Webライターにとって必要な文章スキルや文章力を向上させるために気をつけておきたい6つのポイントなどを紹介しています。
Webライターになりたい人、すでにWebライターとして活躍している人も、ぜひ参考にしてください。

Webライティングとは

Webライティングとは、Webを通じて掲載される記事を書くこと。
Webライティングは、紙媒体でのライティングとはまた違う角度から、気をつけなくてはならないことが多々あります。

例えば、SEO(Search Engine Optimization)。
SEOとは、検索エンジン最適化を意味する言葉で、検索したとき記事が上位表示されることを指します。

検索サイトで上位表示されるには、検索エンジンの仕組みを知らなくてはなりません。
検索エンジンの仕組みに則り、適切な書き方をすることで、検索サイトは「この記事は多くの人に読んでもらう価値がある」と判断し、上位表示するようになるのです。

その他のコラム記事、商品紹介記事などにおいても、スマホやPCで読みやすいよう色々と考慮する必要があります。
そのため、紙媒体で経験を積んだライターが、必ずしもいいWebライターというわけではありません。

紙媒体には紙媒体の、WebコンテンツではWebコンテンツにおけるルールがあります。
それに則って文章を書くことで、高い評価を得られるようになるでしょう。

いい文章とは?

Webライティングにおける「いい文章」の3つの条件をお伝えします。

シンプルで読みやすい

Webライティングでは、シンプルで分かりやすい文章が好まれます。
一文は短めに。文章全体も、可能であれば短くしましょう。

また専門用語や難読語の多用もNG。
単純に漢字がたくさん連なる文章も読みづらさを感じるため、適宜ひらがなに変換するなど工夫する必要があります。

Webライティングの場合、文字数の指定などがあり、必要文字数を確保するためどうしても文章が冗長的になってしまうかもしれません。
できれば文章自体は長くせず、盛り込める情報量を多くするようにしましょう。

導入文で興味をひく

導入文(リード文)で読者の興味をひくことも大事です。
通常、リード文では、記事の概要を紹介します。

リード文では、「つかみ」の要素が重要。
例えば、「〇〇なこと、皆さんも経験したことがあるのではないでしょうか?」といわれたら、読者は自らの体験と照らし合わせて、「うん、うん」とうなずきながら続きを読んでくれるかもしれません。

また「△△って思っていた人って多いのではないのでしょうか?でも実はこれ間違いなんです」といわれたら、「え!?」と驚き、次の行へとスクロールしたくなるでしょう。

リード文で、どのような情報を得られるのかを説明してあげれば、読者は目的と期待を持って、記事を読み進められます。
最後まで読了してもらうためにも、リード文にも力を入れましょう。

「SDS法」と「PREP法」で構成

SDS法とは、「要点→詳細→要点」の順番で伝える方法。
分かりやすく伝えたいときに適した手法です。

対して、PREP法は「要点→理由→具体例→要点」の順番に伝えます。
PREP法は、SDS法に比べて、内容をしっかり伝えたいときに向いています。

両者に共通しているのが、最初と最後に「要点」を伝えること。
まずこの文章は「何を伝えたいのか」、明らかにすることが大事です。

というのも、Web上の文章(とくに情報記事など)は、じっくり楽しみながら読むというよりも、欲しい情報をさっさと手に入れたい、というニーズのもと成り立っています。
そのため、本題になかなか入らないと「結局何がいいたいのだろう」と思われかねません。

欲しい情報を素早く提供するためにも、構成にも注意しましょう。

他にも構成の方法はある

論理的な文章を作成するために、構成の組み立て方を知っておくことは必要不可欠です。

こちらの記事では、SDS法やPREP法の他にも、ストーリー・起承転結型など文章力をアップさせるのに役立つ構成をご紹介しています。
気になる方はぜひご参照ください。

論理的な文章の書き方について解説

Webライターの文章力を向上させるポイント

Webライターとしての文章力をアップさせる6つのポイントをお伝えします。

ターゲットを理解する

文章を書く際は、常にターゲットを意識しましょう。
誰に向けた文章なのかを考え、ある程度ターゲットが決まったら、彼ら・彼女らがどのような情報を求めているかをリサーチしていきます。
というのも、ターゲットが求める内容を提供しないと、読んでもらえないからです。

ターゲットが定まったら、彼ら・彼女らにとってプラスになる情報を提供していきます。
ターゲットが抱く悩みを解決できる記事を多く発信できたら、「このWebサイトは役に立つ」と思われ、評判も上がっていくでしょう。

トーン&マナーを守る

トーン&マナー(トンマナ)を守ることも大切です。
トンマナとは、トーン&マナーといわれるように、文章の体裁や調子を統一するためのルールのこと。

トンマナが統一されていないと、ニュースサイトなのにフレンドリーな言葉遣いが目立ったり、または書き手によって文体が大きく異なったりするなどの問題が発生します。
トンマナをつくり、順守する姿勢を貫きましょう。

SEO対策のキーワードを共有する

本文中やタイトル、見出しには、SEO対策のキーワードを挿入しましょう。
キーワードは、できれば先頭部分に入れるといいといわれています。

キーワードを決める際は、まずメインキーワードを決めましょう。
そして、メインキーワードの関連キーワードを洗い出していきます。

キーワードを選ぶ際は、ライバルサイトを調査したり、検索サイトのサジェスト機能を見たりするといいでしょう。
検索キーワードのリストアップツールを活用するのも、一つの方法です。

ただし、キーワードに気を取られるすぎるのはダメ。
近年、検索サイトは、ユーザーファーストを掲げており、読者にとって有用なコンテンツこそ上位表示されるべきだ、という理念のもと運営されています。
そのため、やみくもにキーワードを入れ込みすぎると、かえって逆効果になることもあります。

文章を乱さないよう、数にはこだわらず、自然にキーワードを取り入れることを意識しましょう。

他社コンテンツとの重複チェックをする

当然のことながら、ほかのサイトを参考にするのはよくても、コピー&ペースト(コピペ)はしてはいけません。
コピペで書かれた記事は、検索サイトで上位表示されないだけでなく、著作権法違反になる可能性もあります。
コピペでつくられた記事ではないか確かめるためにも、コピペチェックをしましょう。

コピペをチェックできるツールはWeb上に複数存在します。
色々なWebサイトで試してみて、自分たちに最も合ったものを活用するようにしましょう。

書いた記事は必ず読んでチェックする

書き終えた記事は、校正・推敲をして、完成度を上げましょう。
校正は、主に誤字脱字を見つけること。
推敲とは、おかしな部分や間違っている部分を直すことを指します。

優れた内容の記事であっても、文法がおかしかったり、誤字脱字が多かったりすると読者は冷めてしまいます。
自分で読むだけだと自信がない場合は、校正ツールを利用するのもいいでしょう。

例えば、読み返してみて、「不要だな」と思える文章があったら削除していきます。
ムダな文章をなくすことで、読みやすくなるからです。

また、まどろっこしい言い方は、言い切りに変えるといいでしょう。
ほかにも、意味が伝わりにくいと感じたら、具体例を挿入すると、分かりやすくなります。
自分で読んでみて「変だな」「読みづらいな」と感じるところがあれば、どんどん修正していきましょう。

フィードバックをする

フィードバックを受けるというのも、文章力向上には欠かせません。
フィードバックする側も「思い通りの記事を書いてもらえない……」と思ったら、必ずどこがどういけないのか、伝えましょう。

フィードバックする際は「こうしてください」というだけでなく、「なぜここがいけないのか」、理由も添えましょう。
フィードバックを受けた側は「こう直して」といわれただけでは、「なぜこの人は、このようなことをいうのだろう」と困惑してしまいます。

フィードバックを適切に行っていけば、ライターの文章力も向上していくはずです。
もしクライアントから適切なフィードバックを受けられない場合は、プロの力を借りるなどして、自ら添削を依頼してみるのもいいでしょう。

文章スキルを上げて、Webライターとして活躍しよう

Webライターに求められる文章スキルや、文章力をアップできる6つの方法などについてお伝えしました。
Webライターは今、多くの人が関心を持つ人気の職業です。
しかし文章力に自信がないと、始めづらい部分もあると思います。

そのような際は、エンパシーライティング®の書籍や教材、講座などを参考にしてみてください。
文章力アップの秘訣などが、色々示されていると思います。
「文章を書くのが好きで仕事にしたい!」と考えている人は、一歩踏み出してみることをおすすめします。

エンパシーライティング®では、文章を書くのが苦手な人のために、さまざまなツールを提供しています。

普段使いからビジネスシーンまで幅広くご利用いただける6つの文章作成ツールはこちらから
無料で使える「文章作成の恋人」や「コピーライティング超定番ノウハウ」も提供中です。

文章力を向上したい方は、ぜひエンパシーライティング®をチェックしてみてください。

エンパシーライティング®開発者 中野巧が手掛ける文章術が身につく書籍に関しても絶賛発売中

TOP